“こうき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
香気22.7%
口気12.4%
光輝11.3%
灝気9.3%
高貴8.2%
康煕6.2%
好奇4.1%
公紀2.1%
口氣2.1%
康熙2.1%
耿紀1.0%
衡器1.0%
光紀1.0%
公城1.0%
公棋1.0%
向気1.0%
康熈1.0%
康凞1.0%
後紀1.0%
洪基1.0%
洪凞1.0%
皇紀1.0%
紅気1.0%
綱紀1.0%
耿気1.0%
降旗1.0%
香聴1.0%
鴻基1.0%
黄旗1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なるほどなるほど、味噌はく板に馴染んでいるから剥落もせず、よい工合に少しげて、人の※意させる香気を発する。
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
主人は不満な口気で「第一気に喰わん顔だ」とらしそうに云うと、迷亭はすぐ引きうけて「鼻が顔の中央に陣取ってに構えているなあ」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
こういう事も元より黒田官兵衛の才覚で、秀吉の中国入りを光輝あらしめようとする彼の誠実にほかならない。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
青空の灝気り落ちて露となり露色に出てこゝに青空を地にらせるつゆ草よ、地に咲く天の花よとえずには居られぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
のようない、不細工に、こののようにうすい、しかも高貴陶器がいっしょになっているということは、なんというないことでありましょう?
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
康煕年間の動乱に当って、琉球の使節は清帝及び靖南王に奉る二通の上表文を持参していったとの事であります。
琉球史の趨勢 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
それをむことによつて、寫眞する子らしい好奇心と興味とを大に刺戟されたのであつた。
さうして有望前途を、安之助つたかの口氣であつた。かつ多望安之助未來のなかには、じく多望自分が、まれてゐるに、やかした。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
『池北偶談』二六に、〈釈典に三必死あり、いわく人の老病、竹の結実、騾の懐胎、しかるに康熙某年、旗下人の家に、騾ありて子を生みついになし〉。
耿紀韋晃たちは、前の日から休暇を賜わって、各〻の邸にいた。手飼いの郎党から召使いのまでを加えると四百余人はいる。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここに、耿紀季行という者があった。侍中少府に奉仕し、つねに朝廷の式微を嘆き、同志の韋晃と血をすすり合って
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ふつうの衡器は、棒の根もとに近いところはりのがあり、それを下げていて他の一方ののほうへ、分銅を送って行くしかけであったが、薬や金銀のような少しの物をる天秤というものだけは
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その点がまた衡器の天秤とよく似ていたのである。
母の手毬歌 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
迷庵の父光紀が、香月氏って迷庵を生せたのは明和二年二月十日であるから、抽斎の生れた時、迷庵はもう四十一歳になっていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「徳大寺大納言公城様さ」
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
その素姓を洗えば、鵠鳴山にいてやはり道教をひろめていた張衡という道士の子で、張魯公棋という人物だった。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
リュデスハイムは、かねてカルパトス島(クリート島の北方)の妖術師レベドスよりして、ヴェニトシン向気の事を聴きいたれば、ただちにを打ち落し、とともに焚き捨てたり——と。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しかるによし来たと『康熈字典』をげてその解釈に従事せられるのは聞えぬ。自分等が少し珍しい地名を人に言うと、誰も彼もいい合わせたようにそれはどんな字を書きますかと聞かれる。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
康凞帝の治世に西蔵叛す。官軍ことごとく撃退さる。って皇帝諸国に令し、賊滅するものを求めしむ。少林寺の豪僧百二十八人、招に応じて難にく。
銅銭会事変 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
〈大同四年三月辛酉山城国白鼠を献ず〉(『日本後紀』一七)などあれば、白鼠は瑞とされざるまでも珍とされたに相違なし。
岸田吟香、松浦武四郎、栗田万次郎、富岡鉄斎、林一、渡辺洪基、そんな連中が、格太郎の塾の学友だった。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
仁宗洪凞元年正月、建文帝観音大士潮音洞に拝し、五月山に還りたもう。仁宗また崩じて、帝をむること、くに忘れらる。宣宗宣徳元年秋八月、従亡諸臣を菴前に祭りたもう。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「中世紀のヨーロッパの騎士の話なんかしても、仕方がありませんよ。ここはアジアの日本なんだからねえ。それに今は中世紀ではありませんよ。それから何百年もたっている皇紀二千六百十年ですからねえ」
宇宙戦隊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
とに角、若いから紅気がある、長襦袢のがずれると、縁が高いから草履を釣られ気味に伸上って
遺稿:02 遺稿 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
伏して観る、朝廷陵替綱紀崩擢、群雄国に乱るの時、悪党君をあざむくの日にあたりて、備、心肺ともにく、肝胆ほとんど裂く。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ある人は天地の耿気に触るると云うだろう。ある人は無絃霊台に聴くと云うだろう。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
原田は、急いでやぐらの上へ戻って行き、一時、降旗を巻いて、の合図を待っていた。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今の時に當りて、その失を改めずは、いまだ幾年を經ずして、その旨滅びなむとす。こはすなはち邦家の經緯、王化の鴻基なり。
中央の船隊はすべて黄旗をひるがえし、毛玠、于禁のいる中軍の目印とする。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)