“こうよう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紅葉35.9%
昂揚13.0%
光耀10.9%
黄葉9.8%
孝養5.4%
光燿4.3%
高陽3.3%
公用2.2%
效用1.1%
向陽1.1%
亢揚1.1%
光揚1.1%
光瑶1.1%
功用1.1%
晃耀1.1%
沆瀁1.1%
浩洋1.1%
潢洋1.1%
皐陶1.1%
窖養1.1%
紅耀1.1%
高邕1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
スポーンと紅葉りへおちた梅雪のからだは、のごとくころがりだして、土とともに、ゴロゴロと熊笹をころがってきた。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そういう類似の経験をもつ者だけが、相交わって互いに心理を理解し共鳴したうえに、時として詩の興味は昂揚し、感覚が尖鋭化していたのである。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
紅玉石か真珠でも一杯に刺繍てあるらしく、それが今めいて煙々と瓔珞の虹を放っている光耀さ!
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)
しかしこの女が墓の前に延び上がった時は墓よりも落ちついていた。銀杏黄葉しい。ましてけるとあるからなおしい。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「とても地獄一定すみかぞかし」とか、「親鸞は弟子一人も持たずさふらふ」とか、「父母の孝養のためとて、念仏一返にても申したることださふらはず」
次郎物語:05 第五部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
ところが今、彼のねぼけは、その部屋がこの世ならぬ浄化と光燿のうちに、すぐ前に横たわっているのを見た。
も大岡越前守には三人の公用人を呼出され今日より天一坊吟味の儀越前が心任せとの台命
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
たとひでもがよくつてゐれば、のねうちがあつて、りない效用をもちます。
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
森林洪水ぎ、不斷えずし、水田をもからさないといふで、土地安全つてくれる效用があることがわかつてたので、以來はじめて森林保護しててるようになり
森林と樹木と動物 (旧字旧仮名) / 本多静六(著)
それは葉が狭長だからである。山地向陽の草中に野生し、オニユリのごとき丹赤色の花が咲き、暗褐色斑点がある。球根は食用によろしい。
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
リンドウは向陽の山地、もしくは原野の草間に多く生ずる宿根草で、は三〇〜六〇センチメートルばかり、葉はくて無柄で茎をいて対生し、全辺で葉中に三縦脈があり、元来緑色なれど
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
続いて石鹸だらけの肉体をらせて、ザブンと荒々しく足を踏み入れた職人風の二人。彼等はもう必然的の労働の様に、妙に亢揚した息使いで各々足の先で湯の中を探って廻った。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
軍容、陣気、静、動——すべて、“位”の光揚である。機変も、初謀も、外に“位”がきかなくては行われ得ない。外交でも政治でも、これがものをいう範囲は大きい。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この雲霞が波打っている光瑶はそれだった。一兵の姿もその歓喜の一波だった。馬の汗にかがやき見えるのもその光だった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(七)舜禹(八)岳牧む。(九)み、らしむること(一〇)功用り、く。
そこは、一望千里という形容もない。晃耀というか陽炎というか、起伏も地平線もみな、閃きのなかに消えている。ただ、天地一帯を覆う、色のない焔の海。
人外魔境:10 地軸二万哩 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
黒い顔! 中には日本に籍があるのかと怪まれるくらい黒いのがいる。——刈り込まざる髯! 棕櫚箒で打ったような髯——この気魄這裏磅礴としてまり沆瀁としてっている。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
次に北斎の描きたる題材の範囲の浩洋複雑なるはり泰西人のみならず、厳格なる日本の鑑賞家といへどもまた一驚せざるを得ざるべし。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
風にまれてなる波を起す、軽薄で騒々しいとは違う。目に見えぬ幾尋の底を、大陸から大陸まで動いている潢洋たる蒼海の有様と形容する事が出来る。ただそれほどに活力がないばかりだ。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
昔、舜帝が天下を治めた時、衆人の中から賢人皐陶を挙げて宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
故に人の干渉をみ人の束縛を受るの人民は、なほ窖養の花、盆栽の樹のその天性の香色を放ち、その天稟十分の枝葉を繁茂暢達せしむること能はずして、かにこれを見れば美なるが如きも
深山笹に夕風がそよいで、ひと足ごとに落日の紅耀がうすれてゆく。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
掛替ゆる折滬上当今の書家高邕といふ人の書きける小杜茶煙禅榻七絶すらすらと読下しける才識に母上このもの全く世の常の女にあらじと感じたまひてこのの婚儀につきては深くその身元のあしよしを
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)