“七絶”の読み方と例文
読み方割合
しちぜつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とは少時漢詩なるものを作らせられた時度たびお手本の役をつとめた李九齢七絶である。今は子供心に感心したほど、名詩ともとも思つてゐない。
野人生計事 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
伊藤公の書いた七絶半折を掛けた床の間の前に、革包が開けてあって、そのに仮綴の inoctavo 版の洋書が二三冊、それから大版の横文雑誌が一冊出して開いてある。
青年 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
掛替ゆる折滬上当今の書家高邕といふ人の書きける小杜茶煙禅榻七絶すらすらと読下しける才識に母上このもの全く世の常の女にあらじと感じたまひてこのの婚儀につきては深くその身元のあしよしを
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)