紅耀こうよう)” の例文
深山笹に夕風がそよいで、ひと足ごとに落日の紅耀がうすれてゆく。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)