“もみじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
紅葉77.9%
緋葉4.7%
4.7%
錦葉3.5%
黄葉2.9%
朱葉2.3%
1.2%
紅楓1.2%
楓樹0.6%
楓葉0.6%
霜葉0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人々のすがたはみな、紅葉びたように、点々の血汐めていた。勇壮といわんか凄美といわんか、あらわすべきことばもない。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
少時すると、此のに水はれたが、碧緑の葉の深く繁れる中なる、緋葉の滝と云ふのに対して、紫玉は蓮池歩行いて居た。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
松やなどの庭木にくるまれているため、まだこの一棟には、たいして火が廻っていなかったのが、せめてもの僥倖でした。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
迎うるごとく、送るがごとく、窓にるがごとく見えめた妙義の錦葉と、蒼空の雲のちらちらと白いのも、ために、白粉を助けるがごとくであった。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
落葉はだ三分の一にも達しない、光る黄葉を薄暗い空気でつつんだ趣き、あかるいようでも物の判らぬ夢のようの感じだ、いやどうしても適当の形容語が出来ない
八幡の森 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
御前ばかりをつて其の御先払として、で、を長くいて、静々一人、から菊、朱葉長廊下を渡つて来たのはであつた。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
甘い汁を孕んだ、優しいはすらりと立って
すぐに晴れようと、ロハ台に腰を掛けた、が、その上にい掛った紅楓の大木の美しさ。色はを染めて、影が袖にる……れるどころか、次第に冷い雨脚から、三人を包んで、も落さない。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の入るべきとばかり、わずかに荊棘の露を払うて、ありのままにしつらいたる路を登り行けば、松と楓樹の枝打ち交わしたる半腹に、見るから清らなる東屋あり。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
まことに人間の一生は春の花、秋の楓葉朝露夕電、古人すでにいッたが、今になッてますますさとる。
初恋 (新字新仮名) / 矢崎嵯峨の舎(著)
お珊が黙って、此方から差覗いて立ったのは、竜田姫んで、霜葉の錦の谿深く、夕映えたるを望める光景。居たのが立って、入ったのと、奴二人の、同じ八尺対扮装
南地心中 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)