疳癪かんしゃく)” の例文
私が疳癪を起して、湯呑みで酒を飲もうとしたら、毒になるから、毒になるからと言ッて、お前さんが止めておくれだッたッけねえ。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
赤坊が泣き叫ぶのを聞くことは、めったになく、又私はいま迄の所、お母さんが赤坊に対して疳癪を起しているのを一度も見ていない。
友達は皆私を変人とか仙人とか云ったがはそうかも知れぬ。又ある者は一種の疳癪持ちと評したが、これはたしかに事実である。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
弟の彼も鎌を持たされたり、苗を運ばされたりしたが、吾儘で気薄な彼は直ぐになり、疳癪を起してやめてしまうが例であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
灸は薬だからと、灸好きの祖母が許すので、疳癪もちの母は、祖母へ対して不服な時も、父へ対して不満なときも、子供の皮膚を焼いた。
かつ二人の密偵が見当ちがいの場所をいかにも「犬」らしく捜し回って疳癪を起こしているさまを想像すると彼はおかしかった。
お杉はるように高く笑った。如何にもを馬鹿にした態度である。もううなっては我慢も堪忍もぬ。市郎の疳癪は一時に爆発した。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
それはまだ半分も縫い上げられてはいなかった。葉子の疳癪はぎりぎり募って来たけれども、しいて心を押ししずめながら
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
そういう発作的な疳癪は半ば病態のせいで、穏やかな精神はそれにしていなかった。がその疳癪のために、彼の身体はひどく揺り動かされた。
ラジオ流行の時節にも到底救われない旧人だと見えて、酒の座などで、いきなり、ワァワァワァと唸られると、それこそカッと疳癪が起って来る。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
先程より疳癪り上げて手ぐすね引て待ッていた母親のお政は、お勢の顔を見るより早く、込み上げて来る小言を一時にさらけ出しての大怒鳴
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
それを見た祖母はますます疳癪にさわったと見えて、ほかのことにまでも叱言を言い始めた。祖母はまたつづけた。
お行儀がよくなったせいではなく、息が切れて、しばらくは後が続かなかったせいでしょう。どもりが疳癪を起したように、一生懸命を引っいております。
黄の優しい心づかいを承知していながら、それがうるさいので、少し疳癪を起して大きい声で云いました。
妖影 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
三方四方面白くなくて面白くなくて、果てはれ出す疳癪に、当り散らさるる仲働きの婢は途方に暮れて、何とせんかと泣き顔の浮世のさまはただ不思議なり。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
そこに疳癪拘泥していそうだが、これがために獰猛の度はかえって減ずると云っても好いような特徴であった。——この坑夫が始めてこの時口をいた。——
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ただ彼には弱者の能力の程度がうまくみ込めず、したがって、弱者の狐疑躊躇・不安などにいっこう同情がないので、つい、あまりのじれったさに疳癪を起こすのだ。
他家には疳癪を起して、随分御新造様方を手込になさるおさえ有りますじゃアございませんか
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そう言ってつけそうな目をして、小野田は疳癪が募って来るとき、いつもするように口髭の毛根を引張っていたが、調子づいて父親を欵待していた彼女に寝込まれたことが
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
川島家にては平常にも恐ろしき隠居が疳癪の近ごろはまたひた燃えに燃えて、慣れしおんなばらも幾たびか手荷物をしまいかけるに、朝鮮事起こりて豊島牙山の号外は飛びぬ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
偏屈の源因であるから、ち青筋を立てて了って、にしていた貴所挙動すらも疳癪の種となり、に自分で立てた目的を自分で打壊して帰国って了われたものと拙者は信ずる
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そこへきて民子が明けてもくれてもくよくよして、人の眼にもとまるほどであるから、時々は物忘れをしたり、呼んでも返辞が遅かったりして、母の疳癪にさわったことも度々あった。
野菊の墓 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
そのころ習い初めた琴をくことさえ止められて、一人で人形をえては、遊び相手を欲しがって常は疳癪を恐れて避けている弟をもお祖母様のに呼んで飯事旦那様にするのであったが
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
それから全くの浪人となってに暮をらずという体だったが、奇態に記憶のよい男で、見る見る会話がくなり、古道具屋の賽取りしてどうやらこうやら糊口し得たところが生来の疳癪持ちで
(何しろあそこは、虎の門と半蔵門と日比谷との三つの電車の交叉点ですから、無理もないのですが)もどかしくなって疳癪を起こされたと見えて、いきなり『こらっ』と怒鳴られたもんですから
鉄の規律 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
郷里の実家に、落附こうとすればするほどあたしはジリジリしてくる。どうして好いのか、笑って見たり、怒って見たり、疳癪をおこしてばかりいる。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
監督の武士と捕虜との間に日々衝突が絶えなかった。朝高も終局には疳癪して、彼等をく斬れと命じた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
日ごろならばそんな挙動をすぐ疳癪にする葉子も、その朝ばかりはかわいそうなくらいに思っていた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
父は寝られないと疳癪を起して、夜中に灰吹をぽんぽんくのが癖だ。煙草むんだと云うが、煙草は仮託で、実は、腹立紛れに敲きつけるんじゃないかと思う。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
此家の主人は彼小笠原に剣をつ可く熱心勧告したが、一年後の今日、彼は陸軍部内の依怙情実に愛想をつかし疳癪を起して休職願を出し、北海道から出て来たので
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
最後には私も疳癪を起して、もう一度兄を探し出して精神病院へ入れてしまうんだと云いました。
鉄の処女 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
宮廷の管弦楽は彼の指揮のもとに、ライン地方でかなりの名声を得た。そしてジャン・ミシェルは、その格闘者めいた体格と激しい疳癪とで、広く人のになっていた。
時々破裂する伯父の疳癪(その故に伯父はやかまの伯父と、甥や姪たちから呼ばれていた。)
斗南先生 (新字新仮名) / 中島敦(著)
お噂を致しておりましたが実に夢の様な心持でございましてねえ、それは貴方とは別段に中がくってねえ、旦那が疳癪を起しておいでなさる時にも、関取がおいでなさいますと
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
お島は帯をときかけたままの姿で、押入にかかって、組んだ手のうえにを伏せていた。疳癪まぎれに頭顱を振たくったとみえて、綺麗に結った島田髷の根が、がっくりとなっていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
一生独身で通したヘンデル、激情家で皮肉屋で大食で疳癪持ちで、そのくせ、悲しいアリアを涙を流しながら書いたヘンデルは、破産の直後でさえも慈善事業に背を見せるようなことをしなかった。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)
ここに怪しいことのございますのは、お俊の様子がひどく変ったことでございます、なんとなく私を看護するそぶりが前のようでなく、つまらぬことに疳癪を起して私につらく当るのでございます。
女難 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
「どうしたの。また疳癪しておいでだね」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
どっちを割るんだと云えば無論頭を割るんだが、幾分か壁の方も割れるだろうくらいの疳癪が起った。どうも歩けば歩くほど天井が邪魔になる、左右の壁が邪魔になる。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
開いてる。疳癪まぎれに私の顔までを飛ばした。ああ、お祖父さんを殺すかもしれない……。
気に入った句が拾いだせないので、疳癪をおこし、取りちらかした書籍を、手あたり次第に引っつかんでりだしたとき、ふとした動機で桜津が思いちがいをしたのだった。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
源三郎はもう我慢も勘弁も出来なくなって、不平と疳癪が一時に爆発したのであった。
鳥辺山心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
打ちえられさえしても、屠所の羊のように柔順に黙ったまま、葉子にはまどろしく見えるくらいゆっくり落ち着いて働く愛子を見せつけられると、葉子の疳癪じるばかりだった。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
「おなされませ、うもんかね、疳癪まぎれに何言うたて……」
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ふたたび何かの機会がありさえすれば、ますますひどく疳癪を破裂さした。その極端な癇癖は、年とともにつのってきて、ついに彼の地位を困難ならしめた。彼はみずからそれに気付いた。
夕立を野中に避けて、と思う一本杉をありがたしとを見れば稲妻がさす。いと云うよりも、年を取った人に気の毒である。行き届かぬ世話から出る疳癪なら、機嫌の取りようもある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
前回に書いた舞踊研究会の「空華」の時、松岡さんと、私の好みと、鈴木鼓村さんの箏曲とがぴったりしたので、松岡さんが進んで会員となられたのだが、今度は、その松岡さんが随分お疳癪
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
しい、引込んでいろ。」と、市郎は疳癪して呶鳴付けた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
彼は自分の感じ方を他人にいまいといくら控えても、やはり寛大な措置には出られなかった。以前の激しい性質がまだすっかりは抑圧されていなかった。そして時とすると疳癪を起こした。
彼人の顔を見るたんびに阿母疳癪が起ってね。……
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)