鉄の規律てつのきりつ
今から何年か前、詳しく言えば、千九百——年の夏のある日、午後八時頃ポーラー〔(通気性に富む上等の織物)〕の上着に白セル〔薄地の織物〕のズボンをつけ、新しいパナマをかぶって、顔にマスクをつけた、背の高い男が、銀座三丁目の常盤ビルディングの六階 …
作品に特徴的な語句
ここ さお 給仕ボーイ 出入しゅつにゅう 咽喉いんこう 打撲だぼく 叩頭じぎ 調度ちょうど つづ すべ 網羅もうら 紙片かみきれ 穿 にら 直接じか 白靴しろぐつ 疳癪かんしゃく 物凄ものすご しょく 煙草たばこ 滑稽こっけい 気狂きちが 貴方あなた 麦藁むぎわら 駄目だめ 顕鏡けんきょう 頬杖ほおづえ 震駭しんがい 雛型ひながた すべ 身体からだ しま 豪快ごうかい 詭弁きべん 訊問じんもん 解剖かいぼう のぞ 覆面ふくめん すね 罫紙けいし 卓子テーブル 場末ばすえ 四球フォアボール ささや 咽喉のど 咄嗟とっさ 呼笛よびこ 呆気あっけ あき 吃驚びっくり 厳粛げんしゅく へや 勝男まさお にわか 佩剣はいけん 余儀よぎ 低声こごえ 伽噺とぎばなし 仰言おっしゃ 今朝けさ うち 挨拶あいさつ 権能けんのう 椅子いす 不逞ふてい 書物かきもの 曲球カーブ 暢気のんき 昨日きのう 昏倒こんとう 旧套きゅうとう 擦過さっか 毫末ごうまつ ドア 悪戯いたずら 怪我けが 怒鳴どな せがれ ちまた 属吏ぞくり 屑籠くずかご うち