けん)” の例文
A院長は、居間で、これから一やろうとっていたのです。そこへはばかるようなさい跫音がして、ぎの女中看護婦ってきて
三月の空の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
吾輩も種取り人間研究のため、主人にして忍びやかにへ廻った。人間を研究するには何か波瀾がある時をばないと一向結果が出て来ない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その地にある六公園の写真はかれの好奇心をひくに十分であった。友の成功を祝した手紙を書く時、かれは机に打っ伏して自己の不運に泣かざるを得なかった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
雑誌も売品つた以上は、売捌都合やで店らしい者が無ければならぬ、酷算段をして一軒りて、二階編輯室、下を応接所売捌場てゝ
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
六月のすえ、尊氏は八幡から西九条の東寺へ移り、そこを総本陣、、本院新院の御所とした。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
なにしろ会場における不満連の総大将黒幕としてはルーズヴェルト氏采配を取っているという始末であるから、我々の考えでは珍事なしには終らぬと気遣ったのも
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
二の容疑者は、金属メッキ工場技師重役であり、中内忠という工学士だつたが、この人物は、刈谷老人高利りていて、かなりしめられていたはずである。
金魚は死んでいた (新字新仮名) / 大下宇陀児(著)
一体お由は、今戸町に店を持っている相当手広い牛肉店加藤吉蔵女房なのであった。
白蛇の死 (新字新仮名) / 海野十三(著)
全くくないね。間数はと? 書斎用の客に君の居間食堂に四半ぐらゐの子部屋が一つ、それで山だが、もう一つ分な部屋が二にでもあれば申分なしだね。
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
マーキュ ただ一でござるか? かおへなさい。一としたら如何ぢゃ?
入り口の障子をあけると、二ほどながある。そこが病畜診察所薬局らしい。さらに入院家畜病室でもあろう、犬のねこの箱などが三つ四つ、すみにかさねあげてある。
老獣医 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
帳面方会計は、大川時次郎であるが、留守なので、松本が代行している。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
その日は向島の知人ので忘年会合奏会がありまして、私もそれへヴァイオリンをえて行きました。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この大牢の牢屋預かり首斬り役には、蔡福蔡慶といって、鬼の兄弟がいた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ここはどうやら食堂喫煙室らしく、それと思わせるような什器や家具が並んでいた。なんにせよ、どうも豪勢なものである。——若い警官は、相変らず彼の後について、室内へ入ってきた。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
の入口には二階がついていて、その二階の手摺から、余の坐っている所が一目に見下されるような構造なんだから、つまるところは、余の頭の上が、一階の天井二階の天井である。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
上席には、応援役、目付として藩から来ている五名の侍。
銀河まつり (新字新仮名) / 吉川英治(著)
空気ぬきりとりの天窓が、天井に空いていた。
地底戦車の怪人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
近所の建具屋に談判して寝台机として製造せしめたる稀代の品物である。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
嫡男の菊池武重を、肥後の守護職、、左京大夫に。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それから二人でベンチへ隣り合せに腰を掛けていると、だんだん停車場へ人が寄ってくる。大抵は田舎者である。中には長蔵さんのような袢天どてらを着た上に、天秤棒さえいだのがある。
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
安西鎮東将軍尚書駙馬都尉、夏侯楙子休
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
馬廻使役の、富森助右衛門であった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)