“昼夜兼行”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ちゅうやけんこう66.7%
ちうやけんかう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高山たかやまからも警官が大勢出張した、岐阜の警察からも昼夜兼行ちゅうやけんこうで応援に来た。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
折角せっかく作った一台は、無惨むざんにも赤外線男の破壊するところとなり、学士も助手の白丘しらおかダリアも大いに失望したが、そのすじの希望もあって、二人はさらに設計をやり直し、新しい装置を昼夜兼行ちゅうやけんこうで組立てたのだった。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
勤王佐幕きんわうさばくやかましい争闘の時には昼夜兼行ちうやけんかうで浜町の上屋敷に上訴に出かけて行つたこともあつた。
(新字旧仮名) / 田山花袋(著)