“思兼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おもいかね33.3%
おもひかね33.3%
オモヒカネ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
番匠の道かれし手置帆負彦狭知より思兼天児屋根太玉、木の神という句々廼馳まで七神祭りて、その次の清鉋の礼も首尾よく済み、東方提頭頼吒持国天王
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
番匠の道かれし手置帆負彦狭知の命より思兼の命天児屋根の命太玉の命、木の神といふ句〻廼馳の神まで七神祭りて、其次の清鉋の礼も首尾よく済み、東方提頭頼吒持國天王
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
此中臣の祖神と一つ神だと証明せられて来た思兼神は、たかみむすびの子と伝へるが、ことゞむすびの人格神化した名である。此神は、呪言の創製者と考へられてゐたものであらう。