“せんせい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:センセイ
語句割合
先生67.6%
陝西6.5%
博士4.1%
国手2.9%
医者2.9%
教師2.4%
医師1.8%
擅制1.2%
医学士1.2%
潜勢1.2%
青竜王0.6%
劇作家0.6%
光起0.6%
医院0.6%
千声0.6%
占者0.6%
名医0.6%
学長0.6%
村医0.6%
秀才0.6%
美妙0.6%
蝉声0.6%
警察医0.6%
高田先生0.6%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女中ねえや、お手柔てやはらかにたのむぜ。」と先生せんせい言葉ことばしたに、ゑみわれたやうなかほをして、「れた證據しようこだわよ。」やや、とみなかほる。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
と、帷幕いばくへよびつけ、汝は一軍を引率して、剣閣けんかく陝西せんせい甘粛かんしゅくの省界)の道なき山に道を作れと命じ、悲調な語気で
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
熊浦氏の熱心と、同氏が発見した珍らしい霊媒とが、つい黒川博士せんせいを動かして、こういう会が出来上った。
悪霊 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
ファウスト国手せんせいはいい人で
まざあ・ぐうす (新字新仮名) / 作者不詳(著)
やれ「近頃運動不足で不眠だから一晩夜の空気を吸って歩くようにと医者せんせいの厳命だから」ことの
マーシャ わたしのあの教師せんせいは、大してお利口さんじゃないけれど、なかなかいい人だし、貧乏だし、それにとてもわたしを愛してくれるの。いじらしくなりますわ。
古来、仏陀ほとけのことを「医王」と申しておりますが、「満天下の医師せんせいたちよ。すみやかに医王ほとけとなれ!」
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
「労働者諸君、諸君は共和民主々義をてて擅制せんせい君主々義に従ふのか」と、手を振つて菱川は号叫がうけう
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
医学士せんせい唐突だしぬけに云った。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
下町つ子の八五郎に取つては、まだ江戸の山の手に殘る豪族の、一種の潜勢せんせい力が不思議でたまらなかつたのです。
昨夜ゆうべ青竜王せんせい、素敵でしたネ。だけど、もう僕たちを呼んで下さるかと思っていたのに、ちっとも呼んで下さらないので、ガッカリしちゃった」
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
少年は青竜王の顔をしげしげ見ていたが「まさか青竜王せんせいは赤星ジュリアたちを怪しんでいるのじゃないでしょうネ」
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「でも……でも……貴女あなたは……いつも御主人の眼を忍んで……あの劇作家せんせいと……」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そ……それはあの凡クラの劇作家せんせいに、次の芝居の筋書を
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いや、傍聞かたえぎきをした山の井光起せんせい、こりゃもう、すぐに電話でお呼び申した。その驚いたより、十層じっそう倍、百層倍、仰天をしたのは梅岡薬剤で
式部小路 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
中気ちゅうきにでもかかったのじゃないか知らん……考えているうちに、急に心配になって来たから、チットばかりのかね懐中ふところに入れて、医院せんせい門口かどぐちから覗き込んでみると
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
午前六時、靴の音茶碗ちゃわんの音子を叱る声拍手の声善の声悪の声千声せんせい万響ばんきょう遂に余の苦痛の声をうずめ終る。(六月六日)
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
その理由わけは何故だか、僕にも話しませんでしたけれども、大方狸穴の占者せんせいの云った事を本当にし過ぎて、誰かが自分を狙っているように思ったのじゃないかと思います。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
しかしこの場合です。「あんなやぶ医者では」ナンテ、頭から医者を信用しなければ、どれだけ名医せんせいが親切に治療してくれてもだめです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
それからコチラの法文科で古書を集めておいでになる中江学長せんせいさんのお宅へ持って参りましたらドウデス。七十円でお買上げになりましたよ。
悪魔祈祷書 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その翌る日の正午ひる頃になると、村の駐在巡査と、部長さんらしい金モールを巻いた人を先に立てて、村の村医せんせいと腰にピストルをつけた憲兵との四人が
いなか、の、じけん (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「それはたいした秀才せんせいだな。して供の黒ンぼは」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あたしは、こんな事をしていて好いのかと、自分の胸をむしっている。郷里いなかへ帰ったからって、好いものは書けやしない。やッぱりあたしは、美妙せんせいのそばにいなければいけないのだ。
田沢稲船 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
別に抗弁するのでも無ければ、駁撃ばくげきするというでも無く、樹間の蝉声せんせい、聴き来って意に入るもの無し、という調子にあしらってしまった。
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
「さア、もうこれでここはいいよ。裁判所の連中が来るまでは、警察医せんせいに残っていて貰うことにして、これから直ぐに有料道路ペイ・ロードへ出掛けるんだ」
白妖 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
「そうじゃないか、彼女あれは立派な役者ものだ。男だったら、おれの相手だがと、だから、高田先生せんせいに言ったんだ。」
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)