“震駭:しんがい” の例文
“震駭:しんがい”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治13
夢野久作4
原民喜3
海野十三3
中里介山3
“震駭:しんがい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 箴言 アフォリズム 寸言14.3%
歴史 > 伝記 > 日本8.3%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語3.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それから三十分ほどたった後のことであった。突如として非常警報がミルキ国の全土を震駭しんがいさせた。すわ、何事であろう。
十八時の音楽浴 (新字新仮名) / 海野十三(著)
一藩が震駭しんがいし、数十人の捕り手を繰り出し、逃げ込み先の猿ヶ京の温泉いでゆをおっとり囲んだのは当然といえよう。
猿ヶ京片耳伝説 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
あの——騎西一家を震駭しんがいさせた悪病の印というのも、判ってみればなんのことはなく、むしろ愛着の刻印に等しかったではないか。
白蟻 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
そしてその殺人は、満都を震駭しんがいさせるほど残虐をきわめたものであるらしいことは、蠅男の口ぶりで察せられた。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
反対に、義仲の名は、かれらの間を震駭しんがいし、玉葉の日々の記事なども、ここ二た月程は、義仲日誌みたいである。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
斯等の手紙が初心うぶな彼女を震駭しんがい憂悶ゆうもんせしめたさまは、傍眼わきめにも気の毒であった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
堺附近の人心にちょうしても、本能寺変の一事が、いかに天下を震駭しんがいさせたかは、想像以上なものがある。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
たとえばまた自分の専攻のテーマに関する瑣末さまつな発見が学界を震駭しんがいさせる大業績に思われたりする。
自由画稿 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
名生の一戦は四方を震駭しんがいして、氏郷の頼むに足り又おそるるに足る雄将である事を誰にも思わせたろう。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と、さまで震駭しんがいの色でもなく、後の南朝への投降も、半ば必然に来た休火山の噴煙みたいに見ていたのはふしぎといってよい現象だった。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ポオはスフィンクスを作る前に解剖学を研究した。ポオの後代を震駭しんがいした秘密はこの研究に潜んでいる。
侏儒の言葉 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
この故にコペルニクスの探偵趣味は生命いのちがけの地動説を発表して聖書のインチキを曝露し、羅馬ローマ法王を狼狽、震駭しんがいさせた。
甲賀三郎氏に答う (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ポオはスフインクスを作る前に解剖学を研究した。ポオの後代を震駭しんがいした秘密はこの研究に潜んでゐる。
侏儒の言葉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
山の傾斜に松の木がゴロゴロと薙倒なぎたおされているのも、あの時の震駭しんがいを物語っているようだ。
廃墟から (新字新仮名) / 原民喜(著)
お前の死は僕を震駭しんがいさせた。病苦はあのとき家のむねをゆすぶった。お前の堪えていたもののおおきさが僕の胸を押潰おしつぶした。
鎮魂歌 (新字新仮名) / 原民喜(著)
拝郷といえば、柴田方随一の猛将である。助作の声は、敵を震駭しんがいさせた。また、小姓組の獅子児ししじたちは、兵助の戦死はまだ知らないので、
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼がなにかしら一種独特な性格でアリョーシャの心を震駭しんがいさせたのは、疑いもない事実である。
そのとき、だあーんと爆風が到達し、職員室は震駭しんがいし、皆はばらばらと硝子片を引きかむった。
長崎の鐘 (新字新仮名) / 永井隆(著)
玄洋社が板垣の民権論に加勢するに決した事がわかると当時の藩閥政府はイヨイヨ震駭しんがいした。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
現戦争はヨーロッパの人民全体を、戦場にあると否とにかかわらず、魂の底から震駭しんがいさせた。
世界の変革と芸術 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
その夜、躑躅つつじヶ崎へはいった飛報には全城みな耳を疑うような震駭しんがいをうけた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この報が一たび伝わるや、挙国震駭しんがいし、殊に政府においては、今にも露国は問罪の師を起すであろうとまで心配し、その善後策について苦心を重ねたのであった。
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
三円の昇給にすら不馴れな心であるから、このやうな予告によつて心に受けた震駭しんがいが異常なものであることは理の当然で、まるで眼を焼かれたやうな気持であつた。
盗まれた手紙の話 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
それにしても四十九人の一味で全国の警察界を震駭しんがいさせ、党員の一人が、警官にまでばけこむことができた彼らの巧妙さには専門家も舌を巻いていたということだ。
鉄の規律 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
真面目な人なら、此処らで自分の愚劣を悟る所だろうが、私は反て自惚うぬぼれて、此分で行けば行々ゆくゆくは日本の文壇を震駭しんがいさせる事も出来ようかと思った。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
が、妻は震駭しんがいのあとの発熱を怖れるようにうれい沈んでいた。
冬日記 (新字新仮名) / 原民喜(著)
なぜこうまで、越前の朝倉が、江北の戦いに大きな震駭しんがいをうけるかといえば、いうまでもなく、越前にとって浅井の北近江は、自家の国防の第一線といえる地勢にあるからだった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
幾重いくえにも張廻はりまわしてある厳重を極めた警戒網を次から次に大手を振って突破して、一直線に福岡県庁に自首して出た時には、全県下の警察が舌を捲いて震駭しんがいしたという。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ところが、建久の年、熊谷直実くまがいなおざね久下直光くげなおみつとが、領地ざかいの争いで、対決したさい、裁判の不当に怒ッた直実が吠え猛って、吟味の東ノひさし震駭しんがいさせた。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
清盛の死は、さすがに日本中を震駭しんがいさせた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
このことは、さかい、大坂の耳目じもく震駭しんがいさせた。信長の勢威を知っても、なお毛利の富力と強大をずっと高く評価している一般民も、これはと、それまでの常識と観念の訂正にまごついた。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
昨夜、水車小屋から出て行方知れずになったという村の娘が一人、水車場より程遠からぬ流れのくさむらの蔭に、見るも無惨むざんに殺されて漂っていたのが発見されて、全村の人は震駭しんがいしました。
大菩薩峠:15 慢心和尚の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この二つの事件が、外では広くもあらぬ高山の天地を震駭しんがいさせ、揣摩臆測しまおくそく流言蜚語りゅうげんひごといったようなものが満ち渡るのに、この屋敷の内部での動揺驚愕は如何いかん……
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
震駭しんがい狼狽ろうばい喪神そうしん
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
玄徳の軍来る! ——の報は、たちまち零陵れいりょう震駭しんがいせしめた。戦革せんかくの世紀にあっては、どこの一郡一国であろうと、この世紀の外に安眠をむさぼっていることはできなかったのである。
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
彼が私を震駭しんがいさせただけである。
京師これを聞きて大に震駭しんがいす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
それからあの連れの男というのは、船客名簿にはエドゥアルド・ゴメズと記入されたが、この男こそは稀代の兇賊として、また暴漢として中央亜米利加アメリカ震駭しんがいさせた危険人物だということも解って来た。
この例から考えても、寡兵かへいをもって、かくまで匈奴きょうど震駭しんがいさせた李陵りりょうであってみれば、たとえ都へのがれ帰っても、天子はこれを遇するみちを知りたもうであろうというのである。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
その翌早朝、飛騨ひだの高山の上下を震駭しんがいさせる一事件が起ったというのは、中橋の真中に人間の生首が一つ転がっているということを、朝がけの棟梁が弟子を引連れて通りがかりに発見したというのが最初です。
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
この場の唐突だしぬけな乱闘に、プールから飛びあがって呆然としていた入浴客は、ここに始めて、目の前の活劇が、いま全市を震駭しんがいさせている稀代の怪魔蠅男の捕物であったと知って、吾れにかえって大騒ぎをはじめた。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私は日本全国を震駭しんがいさせつつある重大事件の巨魁きょかいが帝都の中央を悠然ゆうぜんとタクシーで疾駆しっくしてゆく後影を見送りながら、何とも名状しがたい気持ちを抱いて、ぼんやりその場に立ちつくしていた。
動物園の一夜 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
そして今年の七月十四日に「全計画の成否を決定すべき一弾」がニューメキシコ州僻陬へきすう荒蕪地こうぶちに建てられた鉄塔の上につるされるまでは、それが本当に全世界を震駭しんがいさせる爆弾として完成されたか否かは分らなかったのである。
原子爆弾雑話 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
の漢中進出は、西蜀を震駭しんがいさせ、玄徳をおそれ惑わせているようです。彼の性は、遅にして鈍重、もし丞相がこの時に、疾風迅雷しっぷうじんらいのごとく蜀に入り給えば、玄徳の緒業しょぎょうは、瓦を崩すが如く砕け去るにちがいありません」
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それならば俺は一つその正反対の行き方でもって名を丹青たんせい竹帛ちくはくに垂れてやろう。自分の筆力で前代未聞の怪画を描いて、天下後世を震駭しんがいさせてくれようと思った……これがこうした若い、天才肌な芸術家にあり勝ちの、最も高潮した名誉慾だ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それと、この小都を震駭しんがいさせた大火災のあとですから、人心は極度に緊縮されてはいるけれど、土地そのものが本来、そういった艶冶えんやの気分をそなえているものであれば、きずなを解かれて、ここへ放浪せしめられた遊魂はおどらざるを得ないでしょう。
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
「どっちでも結構ですが、一つ早いところ上陸して貰いたいですねえ。ドイツ兵のいる陸地へ、こっちからいって上陸したということになれば、そのニュースは、ビッグ・ニュースとして全世界を震駭しんがいし、ふるわざることひさしきイギリス軍も勇気百倍、狂喜乱舞きょうきらんぶいたしますよ」
放埒ほうらつきわまりなく、しかもその淫欲のためにはしばしば、害悪な虫けらのように残忍非道なことをしてのけるフョードル・パーヴロヴィッチが、ときどき、酔っ払ったおりなどに、不意と心の中に精神的の恐怖と、非道徳的な震駭しんがいを感じるのであったが、それはほとんど生理的に彼の魂に反応した。
それから毛唐けとうの嫌う金曜日金曜日に汽笛を鳴らして、到る処の港々を震駭しんがいさせながら出帆しゅっぱんする、倫敦ロンドンから一気に新嘉坡シンガポールまで、大手を振って帰って来る位の離れわざは平気の平左なんだから、到底吾々われわれのアタマでは計り知る事の出来ないアタマだよ。
難船小僧 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そこで……申すまでもなく保管してありました時計は、すぐに下附される事になりましたが、その時に正木博士が提出されました論文こそ、ダーウィンの『種の起源』や、アインスタインの『相対性原理』と同様……否、それ以上に世界の学界を震駭しんがいさせるであろうと斎藤先生が予言されました『脳髄論』であったのです
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
事変の前には、あの小づくりな上に、のろりとした風貌ふうぼうで、無能家老だの、昼行燈ひるあんどんなどと云われていた内蔵助——又事変後には、祇園や伏見で豪奢ごうしゃまいていを見せたり、そうかと思うと疾風迅雷に最後の目的に向い、儼然と、討入の事実を示して、天下を震駭しんがいさせている彼でもある。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)