鎮魂歌ちんこんか
美しい言葉や念想が殆ど絶え間なく流れてゆく。深い空の雲のきれ目から湧いて出てこちらに飛込んでゆく。僕はもう何年間眠らなかったのかしら。僕の眼は突張って僕の唇は乾いている。息をするのもひだるいような、このふらふらの空間は、ここもたしかに宇宙の …
作品に特徴的な語句
ひらめく かお おそろ なつか かっ かか みぞ 鉢植はちうえ かつ 足掻あがき かたま おと ごう かた たず うご はじ ひろが 彷徨ほうこう まとま こも つぶ 洞窟どうくつ 濛々もうもう 濠端ほりばた 炸裂さくれつ はげ ほのお 煉瓦れんが あお つばめ ただ さわ 片隅かたすみ ひし 獅噛しが 獅子しし 玩具おもちゃ 珈琲コーヒー 生命いのち よみがえ おわ ちが 異形いぎょう きず うず 痕跡こんせき 痙攣けいれん 白堊はくあ 眩惑げんわく なが ねむ まぶた 石鹸せっけん 硝子ガラス あお 稜角りょうかく 稲妻いなずま 空地あきち 空漠くうばく くぼ 立騰たちのぼ はず 糜爛びらん まぎ から ののし ひるがえ ふけ 胡瓜きゅうり 酸漿ほおずき 閃光せんこう ひらめ しず 鋪道ほどう はさみ 鈴懸すずかけ ほとばし 這入はい まで
題名が同じ作品
鎮魂歌 (新字旧仮名)原民喜 (著)