ばち)” の例文
活動的で早起きの彼女は、ヴェランダの下の植木に水差で水をやっていた。クリストフの姿を見つけると、り気味の叫びをあげた。
そうして滅亡するか復興するかはただその時の偶然の運命に任せるということにする外はないというの哲学も可能である。
津浪と人間 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
大事な貝割葉の方へ行った。雨に打たれる朝顔の方へ行った。説教そこそこにして、彼は夕立の中を朝顔棚の方へ駈出した。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
娘の前にはガラスが置いてあって、金魚が四ひきはいっていました。娘はうるしをぬった、色どり美しいで、水の中をそっとかきまわしていました。
そして日の暮れるころには、笭箵の中に金色をしたをゴチャゴチャ入れて帰って来る。店子はおりおりにみごとな鮒を入れてもらうことなどもある。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
もう悪性の流行感冒にっても構わない、もし、そんなことにでもなったら、かえって身をに思いきったことが出来る、生半に身を厭えばこそ心が後れるのだ
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
葡萄の葉と酔いしれて踊っている人々の姿とを見事に浮彫りした大きな黄金のポンスが一個。
黄金虫 (新字新仮名) / エドガー・アラン・ポー(著)
アア何たる不敵、怪賊はこの難境にひるむどころか、却っての逆ねじを喰わせようというのだ。命を棄てて、三人心中と出られては、明智も手のつけ様がなかった。
黄金仮面 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
出しもの 袖香炉(手向)、なのは、黒髪、すり、八嶋、江戸土産、鉄輪、雪、芋かしら、都鳥、八景、茶音頭、ゆかりの月、桶取り(次第不同)出演者名及番組は当日呈す
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
いくらになったにしろ、よくこんな、残忍な盗みができることと思うが、を考えると、富士の人穴をかまえていた時から、和田呂宋兵衛、このほうが本業なのだ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上には飯茶碗が二つ、箸箱は一つ、猪口が二ツとのものは一ツと置ならべられたり。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
今でも多くの山村には、ヒデという物が残っている。くほりめた石の皿、または破損した古鍋などを用いて、その中で松の小割木を燃したのが、以前の世の灯火であった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
を土中にめて其縁の部を少し高く地上にし置けば竪穴の雛形と成るなり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
それは痩我慢ともとも思えるものだった。しかし一番底の感情は、都会っ児の彼の臆病からだった。彼は斯ういう態度を取って居なければ直ぐに滅入った気持ちに誘い込まれた。
とと屋禅譚 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
その験あること神のごとしといい、夜中盗難を防ぐには、手洗いを家の中にふせて置けばよしといい、猫の逃げたるときに、暦を取りてその逃げ出だしたる日の所を墨にて消しおけば
迷信解 (新字新仮名) / 井上円了(著)
世の中というすりの底を這い廻ってきた順吉は、ねっからうだつがあがらなかったが、それだけにまた虚栄というものにわずらわされない暮しをしてきた。それはおすぎの場合も同じである。
夕張の宿 (新字新仮名) / 小山清(著)
この時次の間よりかの老女のいくが、菓子と茶盆を両手にささげ来つ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
その日の午後、三吉は庭伝いに女教師の家の横を廻って、沢山盆栽の置並べてあるところへ出た。植木屋の庭の一部は、やがて女教師の家の庭であった。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「すりにうえて色つく唐がらし」少し逆もどりして別の巻「むかざの隣いぶせき」の五句のごときも
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
その向こうはで、手桶のそばに茶碗やが置いてあった。棚にはが伏せてあった。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
それに本当のことを云えば、どうせ今度の縁談もくは行くまいと云ったような、捨て的気分が最初にあったので、そんな縁起をぐ必要を感じていなかったのでもあった。
細雪:03 下巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
倭文子は、長い打あけ話を終って、やや上気した頬に、な微笑を浮かべていった。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
すると女はまたのように
狂乱 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
そこには私の意匠した縁台が、縁側と同じ高さに、三尺ばかりも庭のほうへ造り足してあって、山査子などの植木を片すみのほうに置けるだけのゆとりはある。
(新字新仮名) / 島崎藤村(著)
「済まんことでござりました」と佐助は声をふるわせながら、厠から出て手水柄杓を取ろうと手をばしている少女の前にけて来て云ったが春琴は「もうええ」と云いつつ首をった。
春琴抄 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
あっちこっちから見舞いを持って行くものなどもだんだん多くなる。大家の主人がある日一日釣って来たに入れて持って行ってやると、めずらしがッて、病人はわざわざ起きて来て見た。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
葡萄でも盛ったくだものかと思っていた。
映画雑感(Ⅳ) (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
泥の様にすてな気持である。
猟奇の果 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
深い露の中で、学士は朝顔の置並べてある棚の間をあちこちと歩いていた。丁度学士の奥さんは年長のお嬢さんを相手にして開けひろげた勝手口で働いていたが、その時庭を廻って来た。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)