痙攣ひきつ)” の例文
キャラコさんが、そうたずねると、佐伯氏は、急にキュッとの肉を痙攣らせ、なんともいえない暗い顔をしておし黙ってしまった。
キャラコさん:03 蘆と木笛 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
正吉の手頸を掴んだお美津の手がわなわなといていた。然しその眸子は、急に大胆に輝き、くしめった唇は物言いたげに痙攣った。
お美津簪 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
将曹は、脣と、頬とを痙攣らせながら、人形と、箱とを、名越の前へ投げ出した。がちゃんと音がして——人形の片手がもげた。仙波が
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
のような頬を恐怖に痙攣らせて、眼ばかり異様に輝やく娘は、精も根も尽き果てたように、千種十次郎の胸にすがり付きます。
悪魔の顔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
大戸は開いてゐるので、風が吹きこみ、蒔の下半身から水がり、紫色にんだ頬を固く痙攣つたまゝ速く荒い呼吸をしてゐた。
鳥羽家の子供 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)
見よ、お由の顔! 歯を喰絞つて、眼を堅く閉ぢて、ピリピリと眼尻の筋肉痙攣けてゐる。髪は乱れたまま、衣服かつたまま……。
赤痢 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
町の医者は「それは潔癖症といって一種の精神病患者です」というが、病的というほどの痙攣って棘々した感じのものは持っていません。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
俄かに渇きが湧いて、咽喉が痙攣るやうになつた。西大寺村はついそこに見える。私は痺れるやうな足を引摺つてとぼとぼと歩いて行つた。
旋風 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
何事が起って、何故体が痙攣ったかは呑込めないが、とにかく自分じゃてそうもないので、抱き起して貰おうと思って火夫を呼びました。
それでもある時なぞは着いてすぐ玄関に舁ぎ据ゑた駕籠の、扉をあけて手から手へ渡されたばかりでもう蒼くなつて痙攣けて了つたさうである。
水郷柳河 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ムックリね起きた紋兵衛は、血走った眼をおどおどさせ、痙攣った唇を思うさま曲げ、手を胸の辺で掻きり、肩に大波を打たせたかと思うと
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
よっぽど悪戯がきいたと見え、汗ばんだがびくびく痙攣りなかなか昂奮のおさまらぬ面持だった。馬勒がとれ、もどこかへ落ちてしまっている。
蕎麦の花の頃 (新字新仮名) / 李孝石(著)
途方もないに顔を痙攣らせたりしながら笑いこけていると、スクルージの姪に当るその妻もまた彼と同様にきゃっきゃっと心から笑っていた。
縫い合わせた痕が醜く幾重にも痙攣って、ダブダブと皺がより、彎曲したから土踏まずはのように隆起して、さながら死んだの腹でも眺めているような
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
痙攣ったように、ふるえだした。醜悪な顔が化物のようになり、むきだされた乱杭歯が、ガチガチ、鳴る。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
そうして例の異様な微笑を左の眼の下に痙攣らせながら、依然として謹厳な口調で言葉を続けた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
同じ立場で、車をがらがらと引込んで休んだのは、やっぱり、今残る、あの、一軒家。しかも車から出る、と痙攣けて、大勢に抱え込まれて、お綾の膝に抱かれた処は。……
星女郎 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
夫婦喧嘩は、始終の事で珍しくも無いが、殊更此頃亭主が清元の稽古に往く師匠の延津○とかいう可笑いとかで盛に嫉妬を焼いては、揚句がヒステリーの発作で、痙攣ける。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
左の脚の筋が痙攣つて、股と膝との関節に烈しい疼痛を覚えた。併しもう五六日で正月だといふ忙しい時分であつたので、私は黙つて、我慢しきれるだけ我慢しながら立ち働いた。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
と云いかけて実親の無慈悲を思うも臓腑かえるほど忌々しく恨めしいので、唇が痙攣り、烟管を持った手がぶる/″\えますから、お柳は心配気に長二の顔を見詰めました。
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
仰向にひっくり返って、息を喘ませながら、喉に火の玉でもつかえてるような風に、変梃な口の動かし方をして、しきりに神棚の方を指さした。その手はもう冷たく痙攣りかけていた。
神棚 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
「いや、何しろフアイヤガンと銘打つてあるんですから、それ自身爆発することは確実ですよ。」博士は眼鏡の底から目縁の痙攣たやうな目を光らせながら、その若い刑事の顔を見たが
フアイヤ・ガン (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
そして、「糠だ、糠だ!」と叫びながら、身体が痙攣るようにのた打ち廻った。
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
そして痙攣つたやうな声で、途切れ途切れに
道化芝居 (新字旧仮名) / 北条民雄(著)
唇が獨りでに痙攣つた。
受験生の手記 (旧字旧仮名) / 久米正雄(著)
痙攣る如く手を伸べぬ。
晶子詩篇全集拾遺 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
癇の強い娘と見え、これを聞くと花は痙攣った顔になり、今にも卒倒するかと思われるような眼つきで真名古を見上げながら
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
口元が痙攣けてゐる。胸が死ぬ程苦しくなつて嘔氣を催して來た。老い果てた心臟はどきり、どきり、と、不規則な鼓動を弱つた體に傳へた。
散文詩 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
継母の烈しい言葉の前に、関子はっと立ちすくみました。その顔は白粉の色が変るほど真っ蒼になって、美しい口許がピリッピリッと痙攣ります。
悪魔の顔 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
そのだらけに痙攣った横顔を眺めながら、私は煙に捲かれたように茫然となっていた。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
正吉の体がぴくっと痙攣った。波打っていた背中が停まった、——正吉は恐る恐る顔をあげた、そして手燭の光に照された主人の面を、白痴のような眼で暫くめていたと思うと、突然
お美津簪 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
死にかかつた小猫は痙攣るやうに後脚をびくびくはせて、真つ黒な頭を持ち上げようとしましたが、雑文ばかり流行つて、一向秀れた創作が出ないと言ふ批評家の言葉が耳に入つたものか
黒猫 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
最早何のじ恐れるところもない。不貞の妻に夫として当然の権利の行使をするのだ。妻に裏切られた憤りと忿懣に口もきけぬくらい顔を痙攣らせつつも、私は力強い男の怒りに満ちた声を出した。
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
痙攣れる、光なくなやめる
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ちょっと触っただけで、昂奮して、眼のなかを白くして、痙攣けてしまうというすごい過敏ぶり……気が触れてるんじゃないかと思ったくらい。
蝶の絵 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
口は蟇の樣に開けた儘、ピクリピクリと顏一體が痙攣けて兩側で不恰好に汗を握つた拳がブルブル顫へて居る。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
見ると若い親方は、眼を真白くなる程って、鏡の中の吾輩の顔を凝視している。ピリピリと動く細い眉。キリキリと冴え上った痙攣った唇。……吾輩の耳の蔭でワナワナと震える剃刀……。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
と叫んで痙攣るように両足を縮めた。
松林蝙也 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
口はの様に開けた儘、ピクリピクリと顔一体が痙攣けて両側で不恰好に汗を握つた拳がブルブル顫へて居る。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
舌が口の中に一杯になるほど膨れあがり、唇は芝蝦の子でも跳ねるようにピクピクと痙攣れる。断食も、苦行も、この誘惑から逃れさせる力を持っていない。
葡萄蔓の束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
同時にモウ一度、彼独特の物凄い笑いを、顔面に痙攣らせた。
白菊 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ギシ/\する茶壺の蓋を取つて、中蓋の取手に手を掛けると、其儘後藤君は凝乎と考へ込んで了つた。左の眉の根がピクリ、ピクリと神経的に痙攣けてゐる。
札幌 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ひわと申すものは、日ごろから癇のつよい娘でございまして、よく痙攣けたり倒れたりいたします。
沼田は片肌を脱ぎ、森川は立襟の洋服の釦を脱して風を入れ乍ら、乾き掛つた白粉で皮膚が痙攣る樣なのを氣にして、顏を妙にモグ/\さしたので、一同は又笑つた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
狭山は沈鬱なようすでゆっくりと顔をあげると、唇の端をひきさげて眉の間を緊張させ、頬をピクピク痙攣らせながら、私の顔を正視したまま、頑固におし黙っている。
海豹島 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
内心の斷間なき不安を表はすかの樣に、ピクピク顏の肉を痙攣けさせて居るのは渠の癖であつた。
病院の窓 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ベルナアルさんの唇が芝蝦の子のようにピクピクと痙攣り、舌が口一杯に膨れあがる。そして、力尽きておしゃべりの悪魔に打負され、また労働士にひきおろされる。……
葡萄蔓の束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
内心の断間なき不安を表はすかの様に、ピクピク顔の肉を痙攣けさせて居るのはの癖であつた。
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ひどい顔面神経痛で、時々、ギクシャクと頬を痙攣らせる。狂信者によく見る、おれだけが世界の真理を把んでいると確信しているような、ひどく落着き払った奇妙なようすをしている。
犂氏の友情 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
昌作の太い眉毛が、痙攣ける樣にピリヽと動いた。山内は臆病らしく二人を見てゐる。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)