“痙攣性”の読み方と例文
読み方割合
けいれんせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
せこけて靜脈が浮いて、生きてゐるのが不思議なくらゐ、頭は胡麻鹽の虫食い、顏色は痙攣性の病氣の人によく見かける、鉛のやうな色で、落ちんだ眼だけが、ては帳場格子の中で
銭形平次捕物控:311 鬼女 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)