“めつき”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:メツキ
語句割合
眼付20.0%
目色13.0%
鍍金12.0%
眼色9.0%
目付9.0%
目附7.0%
目容6.0%
滅切6.0%
眼附5.0%
3.0%
眼光2.0%
眼眸2.0%
渡金1.0%
眼相1.0%
滅金1.0%
眼前1.0%
瞳付1.0%
鉱金1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
医者らしい男の外に制服の警官たちが、険しい眼付で私を迎えたその脚下には、蕗子が白い胸も露わにあけはだけたまま倒れています。
流転 (新字新仮名) / 山下利三郎(著)
旦那は、い、れた、い、目色猛者構出尻で、ぶく/\つた四十ばかり。
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
何氣なしに取上げた銀鍍金の石鹸函は指に氷着く、廊下の舖板が足を移す毎にキシ/\と鳴く、熱過ぎる程の湯は、顏を洗つて了ふまでに夏の川水位に冷えた。
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
の婦人は落着払い、そのかなる眼色にて、ずらりと四辺を見廻しつ、「さっさとしないか。おい、お天道様は性急だっさ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鳩というものは可愛らしいはずなのに、目付がどうも強いのです。簡単な彫りですから、他の鳥なのかもしれません。これが根附を集める始めでした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
南の気の毒なものを見るやうな目附が鏡子には寂しく思はれるのであつた。
帰つてから (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
切立ての銘撰の小袖を着込んで、目眩しいような目容で、あっちへ行って立ったり、こっちへ来て坐ったりしていた。
新世帯 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
新聞社と雑誌社から頼まれて夜分遅くまで投書の和歌を添削する所から其の安眠不足などの所為で、近年滅切身体が痩せこけて顔色も青褪めて居る。
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
五十二歳になる袴野は野装束をつけると、眼附も足もとも違ったしさを現しはじめた。しかしすての気づかいは本気で言った。
生きてゐる中は、褒めていけず、わる口を言つていけず、いくら本当のことを言はうと思つても、無意識的に、をせずにはゐられないのだから困る。
批評 (新字旧仮名) / 田山花袋田山録弥(著)
いつも凄いやうな眼光で家内中をめ𢌞して居る。
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
思いなしか知らぬが故衛門督によく似ていた。これほどの幼児でいてすでに貴公子らしいりっぱな眼眸をしてな感じを持っていることも普通の子供に違っているのである。
源氏物語:36 柏木 (新字新仮名) / 紫式部(著)
渡金に通用させ様とするない工面より、真鍮を真鍮でして、真鍮相当の侮蔑を我慢する方がである。と今は考へてゐる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
多くの先輩がに見えた。相当の教育を受けたものは、みなに見えた。だから自分の渡金かつた。早くになりたいとつて見た。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
今のチベット法王は敢為なお顔付であるけれども、あの眼相はよくないからしてきっと戦争でも起して大いなる困難をこの国に来たすことがあるであろう
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
牛のような顔をして居ますけれども眼相の鋭くして恐ろしい事は驚くばかりで時々ギロリとむですな。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
ともにらぬゆゑかりたく、ともして其女一目たし、たしではてくれん、滅金をも、秘佛へて御戸帳ぶかにさするならひ
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
時には出來ツた繪を幻のやうに眼前べて見て、でにツこりすることもあツた。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
相手の紳士はそうした私の顔を、その黒い、つめたい執念深い瞳付で十数秒間、凝視しておりましたが、やがてまた胴衣の内側から一つの白い封筒を探り出して、しく私の前に置きました。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
一面に真白に塗って、鉱金で玉縁にしてある隔壁には、きたない手の痕がついていた。何ダースというたくさんの空罎が、船の揺れ動くのにつれて、隅で一緒にがちゃがちゃ音を立てていた。