“渡金”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めつき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“渡金”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
渡金めつききんに通用させ様とするせつない工面より、真鍮を真鍮でとほして、真鍮相当の侮蔑を我慢する方がらくである。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
全く彼れ自身に特有な思索と観察の力によつて、次第々々に渡金めつきを自分で剥がしてたにぎない。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)