“ながれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
89.4%
渓流1.1%
水流1.1%
流水1.1%
細流1.1%
支流0.6%
水勢0.6%
流動0.6%
流勢0.6%
流域0.6%
流潮0.6%
流産0.6%
海流0.6%
清流0.6%
濁流0.6%
遺流0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
やはり上代からぎ出して、順次に根気よく人文発展のを下って来ないと、この突如たる勃興の真髄が納得出来ないという意味から
「この下の渓流で、泳いで来たんだ」
宮本武蔵:03 水の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
依然水流はゆるやかであった。微光を分け水に引かれ、船はゆるゆると流れて行った。両岸はろに見渡された。岸がすぐに断崖となり、断崖がすぐに天井となり、天井は次第に低くなった。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
から五丁程西に当って、品川堀と云う小さな流水がある。玉川上水の分派で、品川方面の灌漑専用の水だが、附近の村人は朝々顔も洗えば、襁褓の洗濯もする、肥桶も洗う。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
前にはざわざわ細流がつぶやいている。向うのには赤い椿が咲いて、春の日は流れにポタンと花がおちる。
この支流を前に控えて、土塀から柿の枝の垂下っている家が、私共の尋ねて参りました荒井様でした。見付は小諸風の門構でも、内へ入れば新しい格子作で、二階建の閑静な御住居でした。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
府中の方へ流れて行く、幅十間ばかりの、髪川という川が、竹藪の裾を巡って流れていて、淵も作れないほどの速い水勢が、月光を銀箔のように砕いていた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
漠々然何時義母自分つて流動次第々々にのろくなつてくやうながした。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
マルヂヴエ群島から南方つてるなる、一層流勢潮流吸込まれてるとつたはず驚愕したと、んだしき海上めた
その流域を西南にとって五日余りも辿った時、いよいよ彼らの国土とも云うべき葡萄大谷大谿谷の入口にまで着いたのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ふしぎ! 流潮に乗って張りきったもやいの綱を岸でたぐるものがあるらしく、あっというまに舟が石垣にぶつかったかと思うと、頭の上に多人数の跫音が乱れ立って
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
口がえる将来を案じて、出来ることなら流産てしまえばいがと不養生のありたけをして、板の間にじかに坐ったり、出水の時、股のあたりまである泥水の中を歩き廻ったりしたにもかかわらず
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
みだれる海流のとほくかすか 海面をかへる土用の波のうたである
すらんらん集 (新字旧仮名) / 仲村渠(著)
猛狒大奮鬪塲所からそ七八んだとえるた。それから、丘陵二つえ、一筋清流り、薄暗大深林ぎ、眼界くる大佐めた。
「どうして渡るのだ、この濁流を」すると四郎がいった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊東の家柄は、足利時代に、下総、常陸等を領していた、管領千葉家の重臣の遺流だったので、現在の領主、堀田備中守も粗末に出来ず、客分の扱いをしていた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)