“せせらぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
細流88.2%
渓流11.8%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
足許あしもと細流せせらぎや、一段いちだんさっすだれを落して流るるさえ、なかなかに花の色を薄くはせぬ。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
伸上る背戸に、柳が霞んで、ここにも細流せせらぎに山吹の影の映るのが、絵に描いた蛍の光を幻に見るようでありました。
雪霊記事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
どこかに置時計があるのだろう、時の流れはこのチクタクという音を媒介にして、ややもかも気ぜわしい渓流せせらぎの音をたてる。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
三枝氏が、低い声で笑った。山下氏がつづいて、つぶやくような声でなにかいったが、それは渓流せせらぎの音にけされてキャラコさんの耳にはとどかなかった。
キャラコさん:04 女の手 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)