“こながれ”の漢字の書き方と例文
語句割合
小流100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ゆるい、はけ水の小流こながれの、一段ちょろちょろと落口を差覗いて、その翁の、また一息やすろうた杖に寄って、私は言った。
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
床几しょうぎの前には冷たそうな小流こながれがあったから手桶ておけの水をもうとしてちょいと気がついた。
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)