“こしもと”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
侍女71.0%
腰元18.3%
3.2%
侍婢2.2%
1.1%
女婢1.1%
傅女1.1%
待女1.1%
腰本1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きれいな侍女たちが三、四人、駕籠をはなれて腰をかがめた。伴天連——呂宋兵衛と蚕婆は、もったいらしく、祈祷のをおこして
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王子 兵卒腰元った時は、確かに姿が隠れたのですがね。その証拠には誰に遇っても、められた事がなかったのですから。
三つの宝 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
あのものをおばし、鸚鵡をお問合はせなさいましては如何でせうか、とべたんです。
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
雨に悩める、露にほへる、いづれ艶なるおもむきならぬは無し。木瓜はこれの侍婢なりとかや。あら美しの姫君よ。人を迷ひに誘ふ無くば幸なり。
花のいろ/\ (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
七八人むに、してしてじきことなし。けて令史る。りけるが心着いてんでく、あり。と。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
令史堂前潛伏してつ。二更りて、でむとして、フトうてく、つてのあたりにたるあるや。これをにては人臭いぞとなり。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
初更るや、めるなよやかにきて、粉黛盛粧都雅め、女婢をして駿馬引出させ、きて階前より飜然る。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
女婢いて、こはいかに、掃帚り、ハツオウとつて前後して冉々としてつて姿す。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
聞けば善光寺あたりからさる者の世話で、大隅家の一人娘の傅女として雇い入れたものという。……名は鶴菜どの、左の唇のほとりに黒子がある。そしてどこやらあなたの面ざしにも似かようておる
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「何じゃ、待女とは。」
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小侍たち六人が飛び出して来たその鶉席に傲然と陣取って、嘲笑うようにこちらを見眺めていた顔こそは、小芳がまだ曲輪にいた頃、梅甫とたびたび張り合った腰本治右衛門なのです。