“七八人”の読み方と例文
読み方割合
しちはちにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
職業はとへば、いえ別段これといふ御座りませぬとて至極曖昧へなり、御人數はとかれて、其何だか四五人御座りますし、七八人にもなりますし
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
七八人むに、してしてじきことなし。けて令史る。りけるが心着いてんでく、あり。と。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
うまでぶつたへ、はたと宿からしに一行七八人同勢出逢つたのである……定紋いた提灯一群ツばかり、念仏講れともえれば、尋常遠出宿引ともえるが
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)