“八人”の読み方と例文
読み方割合
はちにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また丹後大地震は、九歳になる茂籠傳一郎といふ山田小學校二年生一家八人下敷になり、家族屋根つてしたにらず、傳一郎君倒潰家屋内まり
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
その二階一室四疊半だから、にも、段子にまで居餘つて、わたしたち八人先生はせて九人一夕俳句のあつたじて、先生
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
(顔を洗うた親子八人、)
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)