“きしょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
徽章36.1%
気象18.7%
気性16.9%
起請8.4%
奇峭2.4%
嬉笑1.8%
起床1.2%
奇捷1.2%
毀傷1.2%
祈請1.2%
譏誚1.2%
起誓1.2%
性質0.6%
危峭0.6%
喜昇0.6%
奇粧0.6%
娘生0.6%
帰省0.6%
旗檣0.6%
気勝0.6%
稀少0.6%
紀昌0.6%
記誦0.6%
起承0.6%
饋餉0.6%
騎哨0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
二人の眼のまえには、法官服や教師の服や御料地事務官の服をつけた人々が、思い思いの徽章を胸に、絶えずちらちらしていた。
お前は活溌な生れ付きで、気象もしっかりしているから、きっと、あらゆる艱難辛苦に堪えて、身分を隠しおおせるだろうと思う。
死後の恋 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
日頃我儘気性の彼女だったが、弟を殺された一郎に同情したものか、快くこのをとって支配人の承諾を得させたのであった。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
一方には女郎の千枚起請や旅役者の夫婦約束が、何の苦もなく相手を自殺させるなぞいう奇蹟が続々と起って来ることになるのであります。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
やはりご多分にれず単にその始まっている場所を指示した分類に属すべきものなのでありますが、それがやや群俗を抜いて奇峭である点に特色があります。
俳句の作りよう (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
だから恐らくはまたこのナガリールーも、「曲る」という語の命令形であって、近世この島でもタンポポの茎を曲らせて、嬉笑する童戯が行われていた痕跡であろう。
七時起床。戸を開けば、霜如雪。裏の井戸側に行って、素裸になり、釣瓶で三ばい頭から水を浴びる。不精者で、毎日の冷水浴をせぬかわり、一年分を元朝まそうと謂うのである。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
「これは、望外な奇捷だ」と、いっていた。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
身体髪膚これを父母にうく、あえて毀傷せざるはのはじめなりさ」
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
または難船をした者が遥かにこの御岳に祈請して、なく島に戻った話もある。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
たてられ……誹謗の疵痕……悪感情の悪戯……侮辱と意地悪……譏誚……嘲笑と挑戦……嫉妬?……嫉妬!……復讐……おれはおれの躯を愛しそこなった……
あめんちあ (新字新仮名) / 富ノ沢麟太郎(著)
一、起誓のこと。おそらく、生涯に、いちど、の、ことでしょう。今夜、一夜、だまって、(笑わずに)ほんとに、だまって、お医者へいって、あと一つ、たのんで来て下さい。たのみます。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
もう承知しておくれだッたのだから、くどく言うこともないのだが……。お前さんの性質だと……もうわかッてるんだから安心だが……。吉里さん、本統に頼むよ
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
平田が談話すことが出来るものか。お前さんの性質も、私はよく知ッている。それだから、お前さんが得心した上で、平田を故郷出発せたいと、こうして平田を引ッ張ッて来るくらいだ。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
いつぞや冬の初めに、筑摩山脈の美ヶ原に近い一峰に登って危峭天を刺す槍穂高の連峰が新雪に輝く白無垢に近い姿を眼の前に屏風だちに立ちはだからせているのを眺めたことがある。
冬の山 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
歌舞伎座が廿二年に出来るまでは、そのほかに芝居に、本所の寿座と本郷の春木座、日本橋蠣殻町の中島座と、後に明治座になった喜昇座だけだった。
壮士坊主の奇粧 そういう悪い事をするのは壮士坊主に最も多いのですが、壮士坊主というのはすっかり頭を剃って居るのもあり、顳顬の毛をのような具合に四寸も五寸も伸ばして居るのもある。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
汁の真中へ大切に滑り浮す。それは乙女の娘生のこころを玉に凝らしたかのよう、ぶよぶよ透けるが中にいささか青春のみにんでいる。それは和食の鯛の眼肉のにでも当る料理なのであろうか。
食魔 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
変って、私は丁度その八月十九日に出発して、当時は京都から故郷なる備中連島帰省をしていた薄田泣菫氏の家を用向あって訪ねたのである、そして、同氏の家に三日ばかり滞在していた
二面の箏 (新字新仮名) / 鈴木鼓村(著)
しかるにポンメルシーは、旗檣の綱に三色旗を翻えさし、毅然としてイギリス二等艦の砲弾の下を通過した。
「ただこうなったのも、その場のり合せさ、貝どのには相済まないこと、あなたにはそれがあたしのよそ事せぬようにして見せただけだ、あたしの心算はそんな気勝げな気持ではない、ただ、いやでいやでじゃ。」
花巻より十余里の路上には町場三ヶ所あり。その他はただ青き山と原野なり。人煙の稀少なること北海道石狩の平野よりもだし。或いは新道なるが故に民居の来たりける者少なきか。
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
邯鄲の都に住む紀昌という男が、天下第一の弓の名人になろうと志を立てた。の師とむべき人物を物色するに、当今弓矢をとっては、名手・飛衛ぶ者があろうとは思われぬ。
名人伝 (新字新仮名) / 中島敦(著)
ところで、その中、今も記誦せるものが数十ある。これを我がに伝録してきたいのだ。何も、これにって一人前の詩人をしたいのではない。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
笑い声がする。詩をずる声が二つ重なったと思うと、起承も怪しいまま、転々と続いて行くらしい。軍刀をかざしたまま、吉良兵曹長の上体はぐらぐらと前後に揺れた。眼をかっと見ひらいた。
桜島 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
高岡に住めるその母は、を控えて渠が饋餉を待てり。白糸は月々渠らを扶持すべき責任ある世帯持ちの身となれり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
暴徒の方では、四辻騎哨を置き、また防寨の外に大胆にも斥候を出した。かくて互いに両方から観測し合っていた。政府は手に軍隊を提げながら躊躇していた。