“しんかん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
森閑53.5%
震撼22.5%
岑閑3.5%
震憾3.5%
宸翰2.8%
秦漢2.1%
神官1.4%
心肝1.4%
新刊1.4%
辰韓1.4%
闃寂1.4%
信管0.7%
寂閑0.7%
浸涵0.7%
深閑0.7%
清韓0.7%
真観0.7%
身幹0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ことによると時計が違っているのかも知れないが、それにしても病院中が森閑となっているのだから、真夜中には違い無いであろう。
一足お先に (新字新仮名) / 夢野久作(著)
自分は震撼しました。ワザと失敗したという事を、人もあろうに、竹一に見破られるとは全く思いも掛けない事でした。
人間失格 (新字新仮名) / 太宰治(著)
の家も人が居ないやうに岑閑としてゐた。そこを出抜けると成程寺の門が見えた。瓦に草が生えて居る。
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
ときいた忠相のあたまに、電光のようにひらめいたのは、当時府内を震憾させている逆けさがけの辻斬り、その下手人も左剣でなければならない一事だった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
あくる日、は、上清宮の神扉深きところの、宸翰箱にり封ぜられ、式を終って、夜は一山の大饗宴に移った。精進料理ばかりのお山振舞である。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
更に右の二通を選び出した目安というものが、支那の本場もよろしいが、秦漢だとか、六朝だとか、稚拙だか豪巧だか知らないが、あれはちょっと近寄れない。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
力なくこういうと、神官菊村宮内は、天狗からすべりおちるように、よろよろと島のなかへすがたをかくしてしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かの女も画家も、意識下に直助によつて動揺させられるものがあり、二人ともめい/\勝手にあらぬことを云つてるやうで、しかも、心肝を吐露してる不思議な世界を心に踏みつつ丘の坂道を下つた。
(新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
だが新刊の本が買えないから、古い本でもそれを読むよりほかにしようがなかった、そこでおれはそれを読んだ、友達が遊びにきておれの机の上をジロジロ見るとき
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
その南朝鮮には三韓といふさい分立しまして、その辰韓といふのが、新羅になり、弁韓日本植民地任那になり、また馬韓といふのが百濟になつたのであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
其時は男盛りの漁夫と船頭親子と一緒だつた。鰹の取れる頃には、其邊は人で埋まるとか、其日は闃寂としたもので、蝦網などが干してあつて、二三の隱居が暢氣に網を補綴つて居た。
伊豆の旅 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
に出て実付野茨一枝って廊下の釣花瓶け、蕾付白菜一株って、旅順の記念にもらった砲弾信管のカラを内筒にした竹の花立し、食堂の六畳にる。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
うすると、急に秋風が身にみて、其の男はぶる/\と震へ出したさうだがね、寂閑として一人居さうにもない。
二世の契 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
克勤の、昼の為せるところ、夜はち天にしたるに合せ考うれば、孝孺が善良の父、方正の師、孔孟の正大純粋の徳光恵風浸涵して
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
深閑として、生物といへば見出せないやうなところにも、何處となく祭の名殘めて、人のうてゐるやうであつた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
名刺一たび入り、書生二たびでて、山木は応接間に導かれつ。テーブルの上には清韓の地図一葉広げられたるが、まだ清めもやらぬ火皿のマッチ巻莨のからとともに、先座の話をほぼわしむ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
はじめ三人は『弘長百首』の作者だが、後の藤原光俊は出家して弁入道真観といった人、為家に学んだのであるが、後異風をてて、為家を不快がらせた。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
おそらく人間として平均の調和をえるものは、学者よりも実業家にかえって多いかと思われる。えていえば、人の身幹に比して何分とか、たいてい一定した割合がある。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)