“三韓”の読み方と例文
読み方割合
さんかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神功皇后さまが、三韓へご渡海なされた折に、八十のうちの第一のみつぎ物がこれじゃといういい伝えじゃが」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この婚舎の名称は三韓の古い記録にもあるが、日本に行われていたものは前の長崎茂木浦などの例のごとく、の家に従属せしめたものはあまり多くない。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その南朝鮮には三韓といふさい分立しまして、その辰韓といふのが、新羅になり、弁韓日本植民地任那になり、また馬韓といふのが百濟になつたのであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)