“うね”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウネ
語句割合
51.5%
16.0%
15.0%
4.9%
迂曲2.4%
1.9%
1.9%
有年1.5%
蜿蜒1.0%
1.0%
畦畝0.5%
0.5%
紆廻0.5%
紆曲0.5%
紆行0.5%
迂回0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松原つづきの小松が極めてとび/\にそれらの砂丘に散らばり、所によつてはそれとも見えぬ痩麥が矢張りをなして植ゑられてゐた。
急に、大地は眼のまえでれている。暗い空に岩角の線がうっすらっている。そこからけば絶壁であろうことは疑うまでもない。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして時には甲板よりも高くってゆく長いうねりを息をひそめて見つめていたが、思わず知らず或時大きな声を上げてしまった。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
蕎麦の苗を好んで根本より鎌で刈ったごとく一ずつ食い尽くす、その他草木の苗も同じく食い尽くす事あり、いかようにしても防ぎがたし
そうしてつたやうな細い雨の足が土堤から川水の上を平面にさつとつてゐた。みのるは又、船が迂曲りを打つてはひた/\と走つてゆく川水の上に眞つ直ぐに眼を落した。
木乃伊の口紅 (旧字旧仮名) / 田村俊子(著)
両端に分銅を持っているので、堤宝山流の投げ鎖は、深紅の空でらず曲がらず、一文字の姿で飛んで行った。
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
降り切ると一間ばかりの廊下のようなものがって付いてあります。
「てっきり那波泊りと見ておりましたが、今日の船坂越えを控えてのせいか、夕道を延ばして、昨日は宵おそく、有年の光明寺と申す山寺にご宿泊です」
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女はちらりと白足袋の片方をへ引いた。代赭に染めた古代模様のかに春をびたる帯の間から、するすると蜿蜒るものを、引き千切れとばかり鋭どく抜き出した。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
両側の家並は低く道は勝手次第にっていて、ペンキ塗の看板や模造西洋造りの硝子戸なぞは一軒も見当らぬ処から、折々氷屋の旗なぞのには横町の眺望に色彩というものは一ツもなく
見渡り、ちやんが針鼠らうとには畦畝があつて、二になつた兵士きて、毬投場部分々々いてゐました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
それはからまで數多畦畝になつてました、其球きた針鼠きた紅鶴で、それから兵士等は二になつて、緑門てました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
道は遠長くりて、見えつ隱れつ
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
セエヌの下流は蛇が曲線を描いて走る形に紆廻つて居るので、汽車が真直曲線を切つて三度河を渡るとサン・ゼルマンの街に着いた。巴里から此処へは四十分で達せられる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
やがてを收むる蜂のごとくその魔性の尾を引縮め車底の一部を引出して紆曲りつつ去りゆけり 一三三—一三五
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
我等は右に左に紆行りてそのあたかも寄せては返す波に似たる一の石の裂目を登れり 七—九
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
たゞ左右斷崕其間迂回るゝ溪水ばかりである。辿つてへとるにれて、此處彼處舊遊小蔭にはボズさんの菅笠えるやうである。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)