“こうじん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
行人19.1%
黄塵18.3%
荒神10.4%
後人8.7%
後塵7.8%
幸甚7.0%
紅塵7.0%
降人7.0%
工人3.5%
候人1.7%
公仁0.9%
皎刃0.9%
光刃0.9%
公人0.9%
垢塵0.9%
好人0.9%
折々行人0.9%
江神0.9%
香蕈0.9%
鮫人0.9%
黄人0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真綱はこれを憤慨して、「起るの路は行人目をう、枉法の場、孤直何の益かあらん、職を去りて早く冥々に入るにかず」
法窓夜話:02 法窓夜話 (新字新仮名) / 穂積陳重(著)
そのうちに天気が好くなると今度は強い南のから風が吹いて、呼吸もつまりそうな黄塵の中を泳ぐようにして駆けまわらねばならなかった。
電車と風呂 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
荒神・山神・地ノ神・道祖神は、西部の諸県にもあるが、伊勢から紀州の一部を止まりにして、東にしかないのは社宮司という神である。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
天下の豪傑、頭山満が来たというので、才物の菊地市長尊大ぶって、羽根づくろいをするために待たせたものらしいという後人の下馬評である。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
二百余名の甲府勤番がそれで納まるか知らん、駒井を頭にいただいて唯々諾々とその後塵を拝して納まっているか知らん。
今日学務においてもっとも大切なることなれば、いささか余が所見をること左の如し。各地方小学教師のために備考の一助ともならば幸甚のみ。
小学教育の事 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
総勢数えて三十余人、草履あるいは跣足にて、砂を蹴立て、を浴び、一団の紅塵瞑朦たるに乗じて、疾鬼横行の観あり。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
単于幕下には、李陵のほかにも漢の降人が幾人かいた。その中の一人、衛律という男は軍人ではなかったが、丁霊王の位をって最も重く単于に用いられている。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
ここへ来るときは、いくら日本一の名匠だとは言っても、たかが手仕事の工人、たんまり金銀を取らせるといったら、とびついてくるだろうと思っていた田丸主水正。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
宮の候人殿ノ法印良忠は、大塔幕下第一の羽振り者だが、神泉苑にちかい六角の彼のやしきも、宏大なこと、世をも人をも恐れないものがあった。
また董昭は——に、帝の勅使として来て曹操にその人品を認められていたかの董昭公仁は——この際いちやく、洛陽のに登用された。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
済陰定陶(山東省)の生れで董昭公仁と申します」
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土生仙之助がサッ! と顔色を変えたかと思うと、突如庭奥の闇黒から銀矢一閃、皎刃あるごとく飛来して月輪軍之助の胸部へ……!
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
しかも、あの秒刻にして左馬を斬ったのだろうか、泰軒の皎刃から一条ポタリ! ポタリ! と赤いものがしたたって、道路の土に溜まっているのではないか。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
本所鈴川の屋敷で、剣怪左膳をとりまいて十手と光刃がよどんでいる最中……。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
社会の表面に活動せざる無業の人、または公人としての義務をへて隠退せる老人等の生活に興味を移さんとす。墻壁によりて車馬往来の街路と隔離したる庭園の花鳥を見て憂苦の情を忘れんとす。
矢立のちび筆 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
かつて馭者たりし日の垢塵を洗い去りて、いまやそのはいと清らに、その眉はひときわでて、驚くばかりに見違えたれど、うべくもあらず、渠は村越欣弥なり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ること一日ならば、一日の好人るを要す」
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
太い桜のが黒ずんだ色のなかから、銀のような光りを秋の日に射返して、を離れる病葉は風なき折々行人の肩にかかる。足元には、ここかしこに枝を辞したる古いががさついている。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
盛庸等之を破る。帝都督僉事陳瑄を遣りて舟師を率いて庸をけしむるに、瑄却って燕にり、舟をえて迎う。燕王乃ち江神を祭り、師を誓わしめて江を渡る。舳艫みて、金鼓う。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
高岡大野見郷島の川の山中にて、官より香蕈を作らせたまふとき雪の中に大なる足跡を見る、其跡左のみにて一二間を隔て、又右足跡ばかりの跡ありこれは一つ足と称し、常にあるものなり。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
支那に鮫人の伝説はあるが、人魚の話はない。ただ一つ『徂異記』のうちに高麗へ使する海中で、紅裳を着けた婦人を見たと伝えている。
妖怪漫談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
黄人の私をして白人の黄禍論を信ぜしめる間は、君らはく妻を叱咜し子を太白を挙げてしかして帝国万歳を三呼なさい。
監獄署の裏 (新字新仮名) / 永井荷風(著)