“三呼”の読み方と例文
読み方割合
さんこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
黄人の私をして白人の黄禍論を信ぜしめる間は、君らはく妻を叱咜し子を太白を挙げてしかして帝国万歳を三呼なさい。
監獄署の裏 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
帝國軍艦旗翩飜へるをば、其時は、軍艦」の萬歳と、電光艇萬歳とを三呼せられよ。
将軍忽ち岸の草陰に隠れてをひる。これも何かの好紀念であろう。四人手をり躍り上りて万歳を三呼。ああ、かくして我々の痛快なる旅行はったのである。