“雇人:やといにん” の例文
“雇人:やといにん”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治8
海野十三6
夢野久作5
江戸川乱歩3
岡本綺堂2
“雇人:やといにん”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸3.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
小僧は馬肉屋の雇人やといにんでして、この村から二里ほど隔った町から、いつも、村の酒屋に馬肉を運んで来るのでありました。
狂女と犬 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
ここへ駈けて来た男は、吉野のいいつけを受けて、遊廓くるわの外へ、様子を探りに行って来た扇屋の雇人やといにんであった。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
土蔵付きの母屋おもやが、八間か九間、家は広いが、けちぼうな権内は、ろくに雇人やといにんも使っていない。
雲霧閻魔帳 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もとより何者の子とも判らぬので、仮に重蔵じゅうぞうと名を付けて、児飼こがい雇人やといにんのようにして養って置いた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
夕刊の報ずる所によると、高利貸の玉島は今朝二階の一室に冷くなって横たわっているのを、雇人やといにんの聾の婆さんに発見せられた。
罠に掛った人 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)
先に小舟を廻して、雇人やといにんの佐助は、今朝くからそこに待っていた。武蔵の姿が今、その辺りまで近づいたかと思うと、誰か、
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
暮しはゆたかだと云うほどではないが、雇人やといにんの二三人も使って、どうにか人並にはやっているらしい。
ひょっとこ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「いや、みなさんのご親切はうれしいが、わしは十分の手あてをしているから、ご心配はいらん。それでは、雇人やといにんのことを頼みまするぞ」
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
今年の七月十七日、香椎の球場で西部高専野球の予選を見ているうちに、雇人やといにん小母おばさんが泣きながら電報を持って走って来た。
父杉山茂丸を語る (新字新仮名) / 夢野久作(著)
佐助というのは、大勢の雇人やといにんの中でも、よく気のつく若い者で、住居の方でも重宝ちょうほうに使い、暇があると店のほうを手伝っていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その前に平伏して、あやまり入っている新造や、やりての雇人やといにん達を睨めすえて、その三名は、
旗岡巡査 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それから大勢の雇人やといにんが出て来て、妾の事をキチガイだキチガイだって、ワイワイ騒ぎ出したの。
狂人は笑う (新字新仮名) / 夢野久作(著)
この空気工場では、三年ほどの間に雇人やといにんがつぎつぎに六人も、奇怪なる失踪しっそうをした。
人間灰 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そういう気の毒なさびしい身の上であったが、かれ自身はいっこう気にかけていないように見え、その広い邸宅に、四人の雇人やといにんとともに生活していた。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
帰るとすぐ、彼女は、床几しょうぎに居眠っていた雇人やといにんの小女へ訊いた。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「鶏を……。誰にられたろう。又、銀山の鉱夫の悪戯いたずらかな。」と、若い主人は少しく眉をひそめて、雇人やといにんの七兵衛老爺じじいみかえった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「なると思って喜こんでたが、雇人やといにんだって云うからしようがない」
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「承知いたしました。ちょうど一乗寺村から来ている雇人やといにんがおりますゆえ、それに聞いて分りよく絵図にして参りましょう。したが、一乗寺村というても広うござりまするが」
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
反対の方からは、雇人やといにんの一隊が、それというので駆けつける。
什器破壊業事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そこで夫人は内中うちじゅう雇人やといにんを客間に呼び集めた。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
永い牢人ろうにん生活の後の貧しい中に父は死んで行ったので、召使もその後はいないが、元の雇人やといにんはみなこの宮本村の者ばかりなので、そのころの婆やとか仲間ちゅうげんとかが
宮本武蔵:02 地の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
玄関を這入はいると雇人やといにんだけが留守していた。
小さき者へ (新字新仮名) / 有島武郎(著)
世間に対しては、とつぜんヤリウス様がこの土地を去られたことを告げ、雇人やといにんも全部解雇かいこし一人のこらずこの土地にとどまることを許さなかった。そのために私は相当な金を使った。
時計屋敷の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
聞けば、彼は仕事の性質上、就寝時間が遅くなるので、従って食事も他の雇人やといにん達よりは、ずっとおくれて、泊り客の入浴が一順すんだ頃を見はからって、とることになっているのだそうです。
湖畔亭事件 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
市中電車の雇人やといにん、鉄道院の役人、軍人の馬丁。
洋服論 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
芸妓おんなは呼ばずに、お菊ちゃんが相手になって、二階でしばらく飲んでいた。桂と武市とは、泊まって、朝はやく帰ったが、も一人の若い侍の方は、いつ帰ったのか、雇人やといにんも知らなかった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
直方のうがたからこちらへ御座ってのちというもの、いつも奥座敷で勉強ばっかりして御座ったようですが、雇人やといにんや近所の者にも権式を取らしゃらず、まことに評判がよろしゅう御座いました。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
是は何うも思い掛けねえ事で、あの車夫しゃふの峯松と云うものはわたくしの供じゃア有りません、雇人やといにんでもないので、実は渋川の達磨茶屋で私共わたくしども昼食ちゅうじきを致して居りますと
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
豚吉とヒョロ子夫婦はその夜遅く動物の見世物小舎の前まで来ますと、もう見物人も何も居ず、音楽隊やそのほかの雇人やといにんも皆一人も居なくなって、表には主人がたった一人番をしておりましたが、二人を見ると、
豚吉とヒョロ子 (新字新仮名) / 夢野久作三鳥山人(著)
というので、大勢の雇人やといにんはわれ勝ちにいろんな物を買い集めたり、車に積んだり、大騒ぎを初めましたので、最前から沢山に来ていたお客は誰も構い手が無くなって、プンプン怒ってみんな帰ってしまいました。
豚吉とヒョロ子 (新字新仮名) / 夢野久作三鳥山人(著)
この計画を実行するについて、何より都合のよかったのは、菰田源三郎の家族といっては、両親はとっくになくなって了い、たった一人、彼の若い細君がいる切りで、あとは数人の雇人やといにんばかりなことでありました。
パノラマ島綺譚 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
それから一箇月ばかりすると、私の家に大きな不幸が起ったのです、午後の茶を飲んでいた父が、病気でもなんでもないのに、そのまま倒れて亡くなったのです、私の家は他に近い親類もないので、母が雇人やといにんを指揮して
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
それは今日ひるすこし前、例の事件について調べることがあってむかえのために警官をキャバレー・エトワールへ振出ふりだしてみると、雇人やといにんは揃っているが、主人のオトー・ポントスが行方不明であるという。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
雇人やといにんで……」
二百十日 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
主人は雇人やといにんに、
去年 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
雇人やといにんは?」
なお取調の結果、兇漢大米虎市の持っていた出刃庖丁は二日前、府下××町××番地金物商大野利吉方で兇漢自身が求めたもので同金物店の雇人やといにん某は、大米の顔を比較的よく覚えていたためまったく同人の買ったものなることが明かとなった。
黄昏の告白 (新字新仮名) / 浜尾四郎(著)
女のことで一度落度おちどがあつたといふうわさだが、しかしそのことが原因ばかりでもない蔭の人の性分を十分持つてゐて、父や弟から、身内と召使ひとの中間の人間に扱はれ、雇人やといにんに混つて、自然にこの別寮の家扶かふのやうな役廻りになつてゐた。
過去世 (新字旧仮名) / 岡本かの子(著)
……又……伯母の八代子と、母の千世子も、呉一郎をこの上もなく愛して、便たよすがりにしている女ですから、こんな恐ろしい云い伝えのある絵巻物を呉一郎に見せる筈はありますまい。雇人やといにんの仙五郎というじじいも、そんな事をする人間ではないようです。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
平生から用心のいい人で、多少の蓄財もあったのを幸いに、幾らかの田地を買って帰農したが、後には茶を作るようにもなって、士族の商法がすこぶる成功したらしく、今の主人すなわち倉沢の父の代になっては大勢の雇人やといにんを使って、なかなか盛んにやっているように見えた。
西瓜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
その一心不乱な様子は、見るも涙ぐましい程であったが、そこらに居合わす者を、まるで雇人やといにんか何ぞのように、やれ押し方が悪いの、そうしては効がないの、火をけの薬を取って来いのと、権突けんつくと顎の先で使うので、縁もゆかりもない浜の者たちは腹を立てて、
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「実は、お察しの通りですよ。私は、三の字旅行会というのに使われている、ま、一種の案内人といったような者ですがね。なんしろ雇人やといにんですから、深いことは知りませんが、お察しの通り私のお客様には、その三の字旅行会という会との間に、一風変った因縁咄があるんですよ」
三の字旅行会 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
同時に牛九郎爺さんはその巨大な母家をアトカタもなく取片付けて隣村の大工に売払い、数多い雇人やといにんをタタキ放し同様にして追出してしまい、有る限りの田畑でんぱたをソレゾレ有利な条件で小作に附け、納まりの悪い小作人の所有の田畑は容赦なく法律にかけて、自分の名前に書換えて行った。
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
鬼眼鏡おばあさんのおつや、世間でやかましい鬼丸との評判を、嫁にきかせまいとするので、嫁の外出はすっかりとめて、しかも嫁いじめの手は、雪が降る日には、店の者も奥の者も、みんな、およそ雇人やといにんと名のつくものは一人残らず中島座の見物にやり、土間(客席のこと)のますを埋めさせる。
由「実はソノ何んでげす、此の旦那がのお瀧という女を正直者だと思召して、田舎から東京とうけいへ連れて来て、少しばかり雇人やといにんのようにしてお使いなすって居らっしゃると、盗賊とうぞくが這入りまして斬殺きりころされ、未だに死骸が知れませんのでげすが、貴方もお掛合いてえ訳でございますか」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)