“児飼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こが50.0%
こがい50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
侍でいえば譜代の家来で、殊に児飼いからの恩もあるので、彼はどうしても主人を見捨てることはできない因縁になっていた。
籠釣瓶 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
手に救われた赤児は、角川家のって無事に生長した。より何者の子とも判らぬので、仮に重蔵と名を付けて、児飼雇人のようにして養って置いた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)