“しを”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
83.3%
4.2%
4.2%
2.5%
仕居0.8%
垂折0.8%
0.8%
0.8%
為居0.8%
紫尾0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
千登世は仕上の縫物に火熨斗をかける手を休めて、目顏を嶮しくして圭一郎をつたが、直ぐ心細さうにれた語氣で言葉を繼いだ。
崖の下 (旧字旧仮名) / 嘉村礒多(著)
再會していよ/\君が情ある人なることを知る。されど薔薇は既にれ、白鵠は復た歌はずなりぬ。おもふに君は聖母の恩澤に浴して、我になる好き運命に逢ひ給ふなるべし。
勘次れたげて三するために日傭た。主人使つてつた。屹度かせられた。上手らさないでさうしていた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
その犬を見ての狼騷ぎはつまらない女共の臆病から起つたことだが、喜太郎はそれをに熊手の齒をで磨いで、狼か犬に噛みつかれたやうに見せかけて、お絹を殺したのだ。
無實の罪にさんと仕居る然し是は汝ればかりでは有まい腰押の者が有らう扨々恐敷阿魔めと云せも果ずお文は彌々やつきとなり未々其上に藤澤の大津屋へ入夫にのこと鈴ヶ森にて十七屋の三度飛脚を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
斯程だから、食物もあるまいと四方見渡すと、して二三つた小高中腹に、一帶椰子、バナヽのがあつて、甘美しき果實垂折れんばかりに成熟してる。
自分が始めてこの根本家を尋ねた時、妻君がりに、等を洗つて居た田池——其周囲には河骨撫子などが美しくそのらしい影をして居たか三尺四方に過ぎぬ田池の有つた事を。
重右衛門の最後 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
これをりに我れも極楽へと心にや定めけん、飢へたる腹にしたゝかものして、帰るや御濠の松の下かげ、世にあさましき終りを為しける後は、来よかし此処へ
琴の音 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
発狂してからに馬鹿な事を為居る奴はむるに足らんけれど、一婦人の為に発狂したその根性を、彼のとして僕がぢざるを得んのじや。間、君は盗人と言れたぞ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かぎろひ燃ゆる紫尾
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
れし今までの容姿忽ち變り、を改め、言葉さへ雄々しく、『冷泉樣には、何の要事あれば夜半には來給ひし』
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)