“仕居”の読み方と例文
読み方割合
しを100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
無實の罪にさんと仕居る然し是は汝ればかりでは有まい腰押の者が有らう扨々恐敷阿魔めと云せも果ずお文は彌々やつきとなり未々其上に藤澤の大津屋へ入夫にのこと鈴ヶ森にて十七屋の三度飛脚を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)