“しぼ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:シボ
語句割合
38.2%
27.4%
16.2%
15.4%
思慕1.8%
0.4%
0.4%
私慕0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひきったをぷつんと切って放った。——矢は、崖下の山寺をっている木立のを通って、後に四、五葉ひらひら舞わせていた。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それで赤貝姫がめ、蛤貝姫がこれを受けて母の乳汁として塗りましたから、りつぱな男になつて出歩くようになりました。
蒼白い靄にもれながら、すぐ窓下の冬薔薇の木は、んだ花と満開の花とをのように着けながら、こんもりと茂って居るのでした。
西班牙の恋 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
してその妖巫の眼力が邪視だ。本邦にも、飛騨牛蒡種てふ家筋あり、その男女が悪意もてむと、人は申すに及ばず菜大根すらむ。
じて非なりと信ずるゆえに、たとえ当年の男伊達の意気を思慕するとはいえ、こんにちの男一匹は長兵衛そのままを写してなりとは思わぬ。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
「襟の掛つたの袷に、つた赤い帶でございます」
男女つて太鼓中央いてる。それが一間隔いては一いたまつて、ぱらり/\と手拍子をとつて、以前のやうにがる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
獄中の拝謁をえてから十日あまりを、道誉は懸命な“蔭の働き”につくしていた。帝のおたのみ事の実現をみるまでは、自分の私恋私慕も打ち捨てている姿だった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)