“いちじ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一時62.7%
22.2%
一事11.1%
一字1.6%
一次0.8%
一寺0.8%
一瞬時0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一時活動したは、暫時休息して、硫氣孔状態となり、噴氣孔となり、はそのような噴氣くなくなることがある。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
陰※たる空にれたる万象はことごとくいを含みて、海辺の砂山にるき一点のは、早くも掲げられたる暴風警戒球標なり。
取舵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
従来の浮世絵が取扱ひ来りし美麗なる画題中に極めて突飛なる醜悪の異分子を挿入したる一事注意すべき事とす。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
見附つて、牛込から、飯田町るあたりの帳場に、(人力)を附着けて、一寸)のにしたのに、をつくりにへて、きく一字にした横看板を、りがかりにて、それを先生
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
たもありません、本船左舷後方海上つて星火榴彈一次一發火箭、それが難破船信號であるりませんか。
『はゝあ、或程星火榴彈一次一發火箭救助むる難破船信號がよくえます、貴下の眼は仲々結構です。』と意地惡船長はぢろりッとんだか、一言いのである。
大根時雨干菜しきを、のまゝにつゝけば、霜林一寺きててるあり。あれどもかず、あれどもなく、あれどもず、師走りけむ。
月令十二態 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
政治上の罪は世人のむところと聞けど我は之を喜ばず、一瞬時の利害に拘々して、空しく抗する事は、余の為すはざるところなればなり。
我牢獄 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)