“まめやか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
忠實33.3%
忠実26.7%
勤篤6.7%
信實6.7%
慇懃6.7%
眞實6.7%
老実6.7%
老實6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
むけよベアトリーチェ、汝に忠實なるものに汝の聖なる目をむけよ、彼は汝にあはんとてかく多くの歩履をはこべり 一三三—
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
そして自分の出来るだけ忠実に働いて、叔父が我が挙動を悦んでくれるのを見て自分も心から喜ぶ余りに、叔母のさをさえ忘れるほどであった。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
貫一は無雑作に郡内縞掻巻引被けてしけるを、疎略あらせじと満枝は勤篤きて、やがても始めて椅子にれり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
彼のしげに格子をるを待ちて、紳士は優然と内にらんとせしが、土間の一面に充満たる履物を立つべき地さへあらざるにへるを、彼はさず勤篤下立ちて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
ねといと信實看病なせども今ははや臨終の近く見えければ夫婦親子の別れのしさ同じ涙にふしる日もなき燒野雉子孤子になる稚兒より親心
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
慇懃に勧めた。が、主人はそれを顧みもせずやっぱりれた猪口の砕片をじっと見ている。
太郎坊 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
らねばこそあれ眞實なるにうらかしく、すこしめて、とよ病氣りたり、心配かけしがぞとらず言葉に、ごとのせぞ
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
心いそぎて庭口をしに、嬢様この雪ふりに何処へとて、お傘をも持たずにかと驚ろかせしは、作男の平助とて老実に愚かなる男なりし、伯母様のお迎ひにと偽れば、否や今宵はお泊りなるべし
雪の日 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
たちの難義ゆるなれば、しばらくまりてと、母君やはらかにひたれど、おしのしに甲斐なく、夫々支度して老實侍女らみ、出立何日々々内々きめけるを
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)