はは
部屋の隅に据えた姿見には、西洋風に壁を塗った、しかも日本風の畳がある、——上海特有の旅館の二階が、一部分はっきり映っている。まずつきあたりに空色の壁、それから真新しい何畳かの畳、最後にこちらへ後を見せた、西洋髪の女が一人、——それが皆冷やか …
作品に特徴的な語句
下男ボオイ とま いだ かい 窓側まどがわ うる たく まばゆ かし 格好がっこう いまだ 有難ありがと かえ そよ うしろ はず こら 上気じょうき あいだ 長々ながなが ふくら 羽織はお まが すぐ たたみ そそ 水脈みお しん 昨晩さくばん 放鳥ほうちょう 支那シナ なま のち おれ いや 何分なんぷん にん 丸々まるまる 草木くさき 煙草たばこ 爪先つまさき 爪立つまだ 片肘かたひじ たま 伏眼ふしめ 田舎いなか 仰向あおむ 発句ほっく 白粉おしろい 仔豚こぶた まゆ 真鍮しんちゅう 人音ひとおと まぶ にら 睫毛まつげ まぶた 硝子ガラス わたし 窓枠まどわく 乳房ちぶさ ふえ 米噛こめか 乞食こじき 丹前たんぜん 素枯すが 編針あみばり 縫物ぬいもの むれ つばさ ふと 肺炎はいえん そむ 胴衣チョッキ あぶら 腹這はらば ひざ 中形ちゅうがた こけ にが 随分ずいぶん あご 頂戴ちょうだい もた 静脈じょうみゃく ふる ひらめ
題名が同じ作品
(新字新仮名)太宰治 (著)
(新字新仮名)宮本百合子 (著)
(新字新仮名)長谷川伸 (著)
(新字新仮名)坂口安吾 (著)
(新字旧仮名)坂口安吾 (著)
(旧字旧仮名)アダ・ネグリ (著)