“米噛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こめか60.0%
こめかみ40.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
赤くなったのはまず、彼女の長い、幾分あばたのある鼻で、その鼻から眼もとへ、眼のまわりの米噛みへと、その赤がうつった。
嫁入り支度 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「幽霊も由公にまで馬鹿にされるくらいだから幅はかない訳さね」と余のみ上げを米噛みのあたりからぞきりと切り落す。
琴のそら音 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
米噛は興奮にふくれているし——月丸の隙をっていたが、微かな不安と、恐怖とがあって、突込んで行けば、抜討を食うかもしれないし
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
まだが庭で時々鳴く。春風が折々思い出したように九花蘭の葉をかしに来る。猫がどこかでまれた米噛を日にして、あたたかそうに眠っている。
硝子戸の中 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)