“仔豚”の読み方と例文
読み方割合
こぶた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこにはまた仔豚も、長々と横たわった親豚の腹に、乳房を争っているかも知れない、——小鳥を見るのにもきた男は、そんな空想にったなり、いつかうとうと眠りそうになった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)