“檄:げき” の例文
“檄:げき”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治29
佐々木邦1
夢野久作1
幸田露伴1
服部之総1
“檄:げき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こう激越なげきは、東海道をはせのぼるみちのくの健児らへも、軍楽ぐんがくのような鼓舞こぶを盛り上がらせていたのだ。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あのように、軍資金が豊富なところを見ると、彼のげきは、空文でない。ほんとに朝廷の密詔を賜わっているのかも知れん」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
とりでにかえって、げきをとばし、諸洞の猛者をあつめて、正しく戦法を練り、ふたたび蜀軍と一合戦ひとかっせんする」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「このげきに見るも、王軍のお手まわしはもうおそいほどだ。名を、義貞誅伐にかり、賊はすでに、全国からたんとしておる」
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして、貞盛は、押領使秀郷が、げきを発して、その一族と、下野一円にわたる兵力を、田沼へ召集するのを見届けてから、
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鮮海五十万の漁民を救わざるべからず……というので、第一着に総督府の諒解を得て、各道の司法当局にげきを飛ばした。
爆弾太平記 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
蛮邦八境九十三でんの各洞長どうちょうへ向って、彼はげきを飛ばし、使いを馳せ、かつ金銀や栄位を贈って、こう触れ廻した。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「然り。諸所の駅路に高札を建てしめ、士をつのること急なり。けいもまた、げきに応じてきたれる偉丈夫なるか」と、いった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし李敬業りけいぎょうの乱に当り、駱賓王らくひんのうげきを読んだ時には色を失うことを免れなかった。
侏儒の言葉 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
かくて公卿たちの腹もさだまり、遺詔いしょうげきと共に、全国の宮方へ通達され、あくまで吉野死守の結束を新たにしていた。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
即時、三十万の大軍は、南へうごいた。げきは飛んで、合淝城がっぴじょうにある張遼ちょうりょうに告げ、
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——すべて彼にかぎらず、笠置挙兵のまえに発せられていた天皇のげきが行った先は、御願ぎょがんの社寺や、御領の武士があらましだった。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
げきによって劉玄徳は、関羽かんう張飛ちょうひなどの精猛をひきつれて、予州の境で待ちあわせていた。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(これがお嫌なら、またべつなご挨拶を以て)といえる「実力」がる。彼は呉へげきを送ると同時に、その実力を水陸から南方へ展開した。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さきに足利方が、直義の名で、諸国へ飛ばしておいたげきこたえが、いまやものをいって来たかたちで、
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ないゆえに、ここは苦戦とのお考えだな。まずは弱気か。しかし諸方へげきはとばしてある。あすにも、わが水軍が沖に見えぬとはかぎらぬのだ」
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ひとたび、彼の召しが、その勢力下に、げきとなって飛ぶとき、一体、どれほどな軍勢が寄って来るものか。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人にも語らず、げきの文にもそれはえないことだったが、光秀の心事というのは、実にこうであった。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すでに柴田の先手を打ち、滝川討伐のげきを諸州へ発し終り、あれから直ちに長浜へ赴き、そこで軽装を調えて、北境の山岳地方へ廻ったものだった。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——で、わが対策としては、げきをとばして、曹真の手勢に一刻も早く郿城びじょうのまもりを固めさせ、一面箕谷の路には奇兵を埋伏まいふくして
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
もちろん司馬懿は、大命を拝受し、同時に一族、郎党を集めて、直ちに、げきを宛城諸道へ配布した。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「すでに、秋の初めには、そこの手から、げきは国々の武門へ、くまなく飛ばしてあったろうにな」
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
全国「尊攘を励むの士」に広くげきを飛ばして三田尻招賢閣みたじりしょうけんかくを根拠とした再起運動の一から十までがことごとく失敗に帰していった。
尊攘戦略史 (新字新仮名) / 服部之総(著)
一方。宮城内の十常侍らも、何進が諸国へげきをとばしたり、檄に応じて董卓などが、澠池附近にまできて駐軍しているなどの大事を、知らないでいる筈はない。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
盟国のあだとして旗幟きしをかかげるとせんか、その名分は諸侯へげきを飛ばすに足る。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かつて、曹操が兗州えんしゅうから起つに当って、四方の勇士を募った折、げきに応じて臣となった典韋は、その折の採用試験に、怪力を示して、曹操の口から、
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、密詔みっしょうげきは、どこよりもはやく、肥後の菊池城へとどけられていた。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
薩賊さつぞく討伐のげきをとばした憎まれものの雲井竜雄さえその一員に迎えた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
一戦も辞さぬ態度を示して、近畿の兵家にげきをとばし、もちろん浅井、朝倉、越後の上杉、甲州の武田家などの遠方にも、急使を送って、ものものしげな防備にかかった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さきに都を落ちて、反董卓はんとうたくの態度を明らかにし、中央から惑星視されていた渤海ぼっかいの太守袁紹えんしょうの手もとへも、曹操のげきがやがて届いてきた。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
妙恵と彼との作戦は、まず足利の宰相さいしょう(尊氏)を太宰府にむかえ、九州一円へげきをとばし、肥後の菊池党とは、その後において堂々の一戦を展開しようとするにあった。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
越後の上杉謙信けんしんにまで、遠くげきをとばして、援助を求めた。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(筑前、げきを飛ばし、伊勢攻略の企てあり。滝川また頻りにうごく)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雲井竜雄が呼びかけた『討薩のげき』はその一例でしかない。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
とのげきをもって、源氏の武士を狩出しに行ったのであった。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いやこの旗は、全土の国々からの、こたえを待つものといっていい。久しき前には、日野俊基や、資朝すけともから、密々に。——つい、さきごろは北畠具行から諸州へ発した密勅のげきもある。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、あらゆる反秀吉へ向って、げきを飛ばした。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして、一月の末、ふたたびげきを発して、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
げきが飛んでくるのを、待ち暮していた。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かれは、早速、江戸藩邸の佐幕派へ、長文の意見書を発した。川上から、げきをとばした。だが、梨のつぶて、何等の反応がないのみならず、国許の勤王派の言動を、事々に、幕府に、内通するらしい様子さえある。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
途上で大塔ノ宮の令旨をうけたのだ。そして、それいらい両者は阿蘇の麓でじっと雌伏しふくしていた。ところへ、つい数日前、さらに船上山からのげきに接していたのである。密詔と錦の旗とを、下賜されたのだ。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
第三に従兄のところへげきを飛ばす。
恩師 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
隣りの星巌せいがんとは、常に時事を談じ、王道政治の復古を説き、海外問題では、鎖国か開国か、唾をとばして、議論をしたこともある——また、時々、誰も知らない同志から、彼に、密書が来、げきがとんでいた。
田崎草雲とその子 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——のみならず、一面、げきを飛ばしていた高槻の高山、茨木の中川、伊丹の池田などの、わが麾下きかと見なしていたところの諸将も、いい合わしたように、ひとりとしてここに会合する者を見ないのである。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、察して、袁尚へ献言し、まずげきを武安の尹楷いんかいに送って、毛城もうじょうに兵を籠め、兵糧をよび寄せ、また沮授そじゅの子の沮鵠そこうという者を大将として、邯鄲かんたんの野に大布陣をしいた。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし宮は、吉野を宮方の総本城とし、ご自身、全土の総司令官をもって任じ、いわゆる“大塔ノ宮令旨りょうじ”のげきを海からも陸からも天下に発し——隠岐の父皇ちちぎみのうばい返しまでを——画策していたのである。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それに、ボーイ長を今日きょうどういうふうに取り扱うか、それを見なくちゃ、もしボーイ長に対して、全然船から救護しないということになれば、僕らは機関部の方にもげきを飛ばして、全船の問題としなければならないと思う。
海に生くる人々 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
やがて見給え。第二、第三の宮方の鯨波げいはは、津々浦々から、を鳴らして起って来よう。……神ではないが、具行には見えておる。なぜなれば、密勅ノげきを諸国に飛ばしたさいの実務はすべてこの身がいたしたからだ。
私本太平記:05 世の辻の帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
げきを手にした面々は、
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
というげきである。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つまり、げきだ。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
げき
寄手の苦計も、いよいよあの手この手と、足掻あがくだろう。……そこでいま申したことだが、後醍醐のきみが、伯耆ほうきあたりに御安着とすれば、それは播磨、伯耆の二つの大山寺だいせんじによって守られ、ただちに勅のげきは四方へ飛ぶ。
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
盛庸等、大同だいどうの守将房昭ぼうしょうげきし、兵を引いて紫荊関しけいかんに入り、保定ほていの諸県を略し、兵を易州えきしゅう西水寨せいすいさいとどめ、けんりて持久の計をし、北平をうかがわしめんとす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
その役目は、わしには不向きだ。今の話を聞いただけでも、胸がむかむかとして来るのに、何うして若い者を鎮められよう。一緒になってやるかも知れん。——そうでなくとも、先頃から江戸表の堀部、奥田、その他の同志が、頻々ひんぴんと、げきをよこす。——無理もないのだ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
是れ朝廷の威信をつな所以ゆゑんの道に非ず。皇祖天神照鑒在上。吾説の是非、あに論ずるをもちゐんや。吾に左袒さたんする者は、げきの至るを待ち、叡山えいざんに来会せよ。共に回天の大策を可議者也ぎすべきものなり。明治二年春王正月、大日本憂世子。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)