“檄文”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
げきぶん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“檄文”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 論文集・評論集・講演集11.1%
哲学 > 仏教 > 各宗7.1%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
カヴル経国けいこく済世さいせいの建設的偉図も、あるいはマジニー一片の革命的檄文げきぶんかざるものあり。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
中で人夫の募集を受け合つてゐた柏岡かしはをか伝七と、檄文げきぶんを配る役になつてゐた上田とは屋敷を出て往つた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)