“紫荊関”の読み方と例文
読み方割合
しけいかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
盛庸等、大同の守将房昭し、兵を引いて紫荊関に入り、保定の諸県を略し、兵を易州西水寨め、りて持久の計をし、北平をわしめんとす。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)