“きば”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
70.1%
木場10.0%
騎馬4.8%
4.0%
気張3.6%
牙歯1.6%
黄葉1.6%
耆婆1.2%
木市0.4%
木歯0.4%
気晴0.4%
気霽0.4%
犬歯0.4%
犬牙0.4%
黄歯0.4%
黄食0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「よく剣ヶ峰まれる。」と、じいさんは、かすかはるかに、千をいただく、のようなかってわせました。
手風琴 (新字新仮名) / 小川未明(著)
匕首をつかみ、解けかけた帯の端を左の手で持ちながら、の芳五郎は、脱兎のように、木場の材木置場の隅へ逃げこんで行った。
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王子はだまったままで下を向いて聞いていらっしゃいます。やがて花よめ花むこが騎馬でお寺に乗りつけてたいそうさかんな式がありました。
燕と王子 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
お島はベンチに腰かけて、い時のたつのを待っていた。庭の運動場のった桜の葉が、もう大半み枯れて、秋らしい雲が遠くの空に動いていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「この胴裏じゃ表が泣く、最少気張ればかった」というと「何故、昔から羽織の裏は甲斐機にってるじゃないか、」
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
ズンと深く食い込んだまま牙歯のように立ち、かれは大地に弓なりに仆れています——言うまでもなく日本左衛門に袖をくぐられた当身! あばらを折られていなければ僥倖なのです。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
足元は丘がピトロクリの谷へ落ち込んで、眼の届くの下が、たく色でまっている。その向う側の山へる所は層々と黄葉が段々に重なり合って、濃淡の坂が幾階となく出来ている。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
巴豆といひ附子といふも皆是薬、障礙悪神毘那耶迦も本地は毘盧沙那如来、此故に耆婆を開けば尽大地の草木、保命の霊薬ならぬも無く、仏陀教を垂るれば遍虚空鬼刹
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
成は木市の材木の中に隠れていて、天子の車駕の通り過ぎるのを待ちうけ直訴した。
成仙 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
ほおの木歯の足駄をガラガラ。と学校の帰りにやあらん。年ごろはおのおの十五ばかりなる二三人の少年。一人は白き帆木綿のかばんをこわきにかい込み。毛糸織りの大黒頭巾きたる。
藪の鶯 (新字新仮名) / 三宅花圃(著)
『こんなことでは本当修行にもにもなりはしない。気晴らしに戸外ましょう……。』とうとう単身修行場かけ、のまにまに、谷川って
自分がどうしていか分からなくなった時に、そんな事を気霽らしにするのだ。
彼らの爪はであり彼らの犬歯は斧であった。そして素晴らしいその腕力はモーターとでも云うべきであろう。やはり半日とはかからないうちに立派な一個の荷車が出来た。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
しかも、彼には人後に陥ちない狡才があり、高家の職能は、時により、老中も大名も、ちぢみ上がらすことのできる犬牙にもなるのだ。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
自嘲して、お酒をまた一口のんで、長いまばらな黄歯を出して見せて
地面は一面ので秋にって黄食んだと思われる所もあり、又は薄茶に枯れかかった辺もあるが、人の踏んだがないから、黄は黄なり、薄茶は薄茶のまま、苔と云う昔しの姿を存している。
幻影の盾 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)