“カビ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:かび
語句割合
50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鶏卵云々の一条は、其文字に於て、婆羅門神話的啓発説に似るも、実は、之によりて、所謂漂えるの状態を、形容せんと欲するもの、そのカビを含むと云える者は、国民神話の海洋的分子の一なりとす。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
次第に負わせしにて宇比地邇、須比智邇とは、国と成る可きカビを含める状より大斗能地、大斗乃弁とは、国土の始の状より、角代、活代とは、国土の成る状と、神の成り始めたる状とを兼ねて負わせ、淤母陀琉、詞志古泥とは
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
・けさはお粥を煮るとて春のカビ
其中日記:03 (三) (新字旧仮名) / 種田山頭火(著)