晩秋ばんしゅう
旦那さまがお呼びだからお居間へ伺うように、そう云われたとき都留はすぐ「これは並の御用ではないな」と思った。この中村家にひきとられて二年あまりになるが、直に主人に呼ばれるようなことはかつてなかったからである。居間へゆくと惣兵衛は手紙を書いてい …
作品に特徴的な語句
じか くすぶ そし れい しま こうべ しわぶき あか かみ とき いたわ いつ はだえ きざ たず たた ぎわ 下僕しもべ 主人あるじ 佞臣ねいしん ところ 別墅べっしょ 剔抉てっけつ かえ うまや つぶや むせ そそ のど うしな あざけ ささや 国許くにもと 堆高うずたか 壟断ろうだん 外壕そとぼり 外記げき おびただ 奸譎かんけつ とが もっと かさ じょう 庇護ひご ひさし かす おそ 怨嗟えんさ ほしいまま あわ はばか こぶし そろ たか しばら かつ 木蓋きぶた 板塀いたべい 櫟林くぬぎばやし 此処ここ 溜息ためいき 灌木かんぼく しわ 監物けんもつ 私曲しきょく 秕政ひせい 穿 すく 箪笥たんす はし こも 糸屑いとくず ほころ 老翁ろうおう こら 肉躰にくたい ひざ すすき 苛立いらだ 行蔵こうぞう 衣摺きぬず はかま ふすま 誹謗ひぼう
題名が同じ作品
晩秋 (新字旧仮名)牧野信一 (著)