“おもちや”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
玩具75.7%
玩弄3.7%
翫具2.8%
玩弄品2.8%
玩弄物2.8%
弄玩品1.9%
手遊1.9%
玩器1.9%
翫弄1.9%
手遊品0.9%
弄品0.9%
弄物0.9%
玩弄具0.9%
玩物0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子供が軽快に遊戯するめの服装で無く、母親が子供を自分の玩具にしたり他人に見せ附けたりする為にこてこてと着飾らせるのである。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
雛罌粟色薔薇の花、雛形娘飾紐雛罌粟色薔薇の花、さい人形のやうに立派なので兄弟玩弄になつてゐる、おまへは全體なのか、いのか、僞善の花よ、無言の花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
先づ今宵は大路まで出でゝ、面白く時を過さん。世の中は驅足して行く如し。而して人々のおのが荷を負ひたり。鉛の重さなるもあり。翫具と一般なるもあり。
尻振りざまのをかしさよ、そのペタル縮まりて玩弄品のごとく
緑の種子 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「今のお若い婦人方は大抵男子の玩弄物になつて満足してゐるんだから困る。」
或は管絃楽の高き調にゆき、銀笛を吹き、道化た面して弄玩品の鉄琴をもうちたたけ。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
らぬので、雨曝しぢや。船頭退屈をしたこれが張合で、手遊へられます。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
小供はセルロイドの玩器を持つ、年寄は楽焼の玩器を持つ、と小学読本に書いて置いても差支無い位だ。
骨董 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
晴代を世話するのもさう云ふ社会の一つの外見で、衣裳や持物や小遣ひには不自由を感じないながらに、異性の愛情らしいものがなく、何か翫弄にされてゐるやうなしさと侮辱とを感じてゐたので
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
食物や手遊品の店を見て𢌞はつたりした光景を、小池は頭の中で繪のやうにげながら、空想は何時しか十五年前の現實に飛んで、愛宕さんの祭のことを追懷してゐた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
と響く遠音とゝもに、汽車が北から南へ走るのが、薄絹をいて手遊品の如く見えた。其の煙突からは煙とゝもに赤く火をき出した。やぢり/\と石段を登つて來さうであつた。
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
風船、ゴム玉、汽車や刀や、さまざまな珍奇な弄品が、ところ狭いまでならべられ、サアベルや鉄砲の錻力の光つた色が、ちかちかしてゐた。
笛と太鼓 (新字旧仮名) / 室生犀星(著)
「へーえ、役者になりたい。」もなく蘿月は七ツ八ツのによく三味線弄物にした長吉生立ちを囘想した。「当人がたつてと望むなら仕方のない話だが………困つたものだ。」
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
第一いたの、玩弄具が、んだものを、うへ通拔けるはない。
魔法罎 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
俳句なぞは薄生意気な不良老年の玩物だと思つて居り、小説稗史などを読むことは罪悪の如く考へて居り、徒然草をさへ、余り良いものぢや無い、と評したといふ程だから
観画談 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)