いさましい話いさましいはなし
国許の人間は頑固でねじけている。 ——女たちがわるくのさばる。 ——江戸からゆく者は三年と続かない。 江戸邸ではもうずっと以前からそういう定評があった。また事実がいつもそれを証明してきた。特に若くて重い役に赴任したような者は、例外なしに辛き …
作品に特徴的な語句
よどみ はに むろ しま こら 嘲笑ちょうしょう むせ きま ひさし ろう まく のん あら つか 決闘はたしあい 点前たてまえ かぶと まば あつ 下緒さげお いささ 仔細しさい 伊達だて 傲岸ごうがん 冒涜ぼうとく 凄愴せいそう しの 切尖きっさき 刹那せつな いたわ 半刻はんとき かえ 厭世えんせい 可笑おか つぶや とが そそ すす あえ 喝采かっさい 嗚咽おえつ たしな わら 嘲弄ちょうろう うわさ ささや はや 国許くにもと 夕餉ゆうげ 大股おおまた 太息といき 太腿ふともも 夭折ようせつ めと 嫉妬しっと うたげ 家禄かろく むし もっと くず きっ がけ 巽櫓たつみやぐら かす たちま ゆっ 愚昧ぐまい 慇懃いんぎん たし 憔忰しょうすい 憧憬どうけい 我儘わがまま 扶持ふち 折檻せっかん 抜擢ばってき くじ はさ さば おお そろ 放蕩ほうとう たお 昵懇じっこん 暢気のんき 曲輪くるわ かつ 朴訥ぼくとつ