“つた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツタ
語句割合
41.3%
27.8%
16.5%
11.1%
1.3%
0.8%
0.5%
都多0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松やもっこくやの庭木を愛するのがファシストならば、や藤やまた朝貌烏瓜のような蔓草を愛するのがリベラリストかもしれない。
KからQまで (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
笠森のおせんだと、いうとなくからわって白壁町までくうちにゃァ、この駕籠にゃ、人垣出来やすぜ。のう
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
角海老時計きもそゞろれのへるやうにれば、四絶間なき日暮里りもれがりかとうらしく
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
抱上げ今日より後は如何にせん果報なき乳呑子やと聲をつてしむを近所の人々聞知りて追々まり入來りつゝ吉兵衞に力を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
植物のが、まるでのようにぐらぐらと動きまわって、どこかにまきつく棒とか縄とかないかと、しきりにさがしもとめている有様がうつっていた。
火星兵団 (新字新仮名) / 海野十三(著)
さて寺の男に水運ばせを洗ひして漫漶せる墓誌なぞ読みまた写さんとすれば、衰へたる日影のくもきてきしきる声一際耳につき、読難き文字更に読難きに苦しむべし。
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
の葉の向うよ。ほらほら、葉がガサガサ動いているわ。……」
地球盗難 (新字新仮名) / 海野十三(著)
都多の細江」は姫路から西南、現在の津田・細江あたりで、船場川の川口になっている。当時はなるべく陸近く舟行し、少し風が荒いと船をめたので、こういう歌がある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
けばたむと伺候都多細江り 〔巻六・九四五〕 山部赤人
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ここに帝紀を撰録し、舊辭討覈して、僞を削り實を定め、後葉へむと
炉の火燃えつきんとすれども柴くべず、五十年の永き年月を潮風にのみせし顔には赤き焔の影おぼつかなくえり。頬をいてきらめくものは涙なるかも。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)