モノグラム
私が、私の勤めていたある工場の老守衛(といっても、まだ五十歳には間のある男なのですが、何となく老人みたいな感じがするのです)栗原さんと心安くなって間もなく、恐らくこれは栗原さんの取って置きの話の種で、彼は誰にでも、そうした打開け話をしても差 …
作品に特徴的な語句
わらい 御守おもり なつか なまめ こう だけ せん ぜん こまか ただ とな たく なん わずか わか めぐ のち こわ 空間あきま 致方しかた けん 一向いっこう 一寸ちょっと 一斉いっせい 一造いちぞう 三重みえ 上方かみがた しま たがい 仕様しよう 仮令たとい 伽噺とぎばなし 何故なぜ しか にわか そば 六区ろっく 到頭とうとう 刺繍ししゅう 勿論もちろん 北川きたがわ かえ いや あじわ しな ただ のど その 執拗しつよう ほか 大分だいぶ 大抵たいてい 大阪おおさか うれ うち 小噺こばなし 工合ぐあい 工面くめん 左様さよう 差支さしつかえ とこ わきま もてあそ 形見かたみ 待兼まちか 御尤ごもっと 御慰おなぐさ 恰好かっこう 惚気のろけ 愈々いよいよ 戒名かいみょう 手向たむ 手提てさげ 打開うちあ 抽斗ひきだし かかわ はな 日光にっこう 早速さっそく 昨夜ゆうべ しばら いま 栗原くりはら ぼう しら この ほとん こと ごと 沢山たくさん 流石さすが